MVNOの日本通信は、ドコモが12月3日に発表した新料金プランに対抗する。新たに「SSDプラン」を12月10日から提供。16GBのデータ容量と70分の通話料金を含めて月額1980円(税別)に設定した。3月にドコモの新料金プラン「ahamo」(データ容量20GBで月額2980円)が開始すると同時に、SSDプランのデータ容量も20GBに引き上げるという。

 SSDプランは、基本データ容量を超えた場合、1GB当たり250円で使った分だけの料金が自動適用される「おかわり課金方式」を採用している。ユーザー自身で上限値が設定できるため、自分にとって最適なプランを自身でつくることが可能だ。上限は30GBまでとしている。また、通話が70分を超えた場合は、30秒当たり10円という料金に設定した。
 同社の福田尚久社長は、「6月30日に下された総務大臣裁定により、データ通信も音声通話も両方ともにMNOの原価ベースで調達できるようになるなど、MVNOが携帯料金の価格競争に正面から取り組める環境が整ってきた」とコメント。政府や国民が期待する携帯料金引き下げの動きに対して答えていくという。