サントリースピリッツは、サントリーシングルモルトウイスキー「白州12年」を3月30日から数量限定で、全国で再発売する。

 同社は、山崎蒸溜所に次ぐウイスキー生産拠点として、南アルプス甲斐駒ヶ岳のふもと、広大な自然に囲まれた場所で1973年に白州蒸溜所を開設した。世界でも珍しい高地に位置することから“森の蒸溜所”とも呼ばれ、水や風土などの自然条件、発酵槽や蒸溜釜など設備の違いから、山崎蒸溜所とは個性の異なる原酒を生み出している。
 今回、「山崎」に次ぐ第2のシングルモルトウイスキーとして94年に誕生した、同ブランドの原点である白州12年を数量限定で再発売することで、「白州」ブランドとサントリーウイスキーの品質価値の訴求強化を図る。
 白州12年は、白州蒸溜所で生まれた酒齢12年以上のモルト原酒の中から厳選してつくられたシングルモルトウイスキー。中味は、爽やかな新緑の香りと果実香に、甘く柔らかなスモーキー香が漂う、フルーティでコクがあるキレのよい後味が特長。
 パッケージは、ラベルに手すきの越前和紙を採用し、“森の蒸溜所”由来の品質感を表現した。また、ラベルの英字をブランドカラーである緑に変更し、森の爽やかさを表現している。家庭向けには、「白州」の文字を大きく配した緑を基調にしたカートン付きで販売する。税別価格は8500円。