東京・世田谷区の世田谷区商店街振興組合連合会は、区内の地元の店舗を応援するキャッシュレス地域通貨「せたがやPay(電子プレミアム付区内共通商品券)」を2月20日に開始した。3月4日からは、「地元のお店応援キャンペーン!」として、先着でチャージ額の30%、最大9000ポイントをプレゼントする。

 せたがやPayは専用アプリを利用したキャッシュレス決済サービスで、全国のセブン銀行ATMからチャージする仕組みのため、スマートフォン(スマホ)ユーザーなら誰でも利用できる。キャンペーンによるポイントはチャージ後、即時付与する。有効期限はポイント付与から6カ月で、予算に達し次第、ポイントプレゼントは終了する。
 事前申込で当選し、すでにチャージした人も、追加でチャージすると一人最大9000ポイントまで獲得できる。
 同時に、飲食店の支払いをせたがやPayのコイン(現金チャージ分)で決済すると、決済額の20%、1人最大6000ポイントを後日プレゼントするキャンペーンを3月19日まで実施する。キャンペーンでプレゼントしたポイントの使用期限は3月31日まで。
 利用可能店舗は、せたがやPayの公式サイト上でマップ形式で随時更新している。なお、大型店は対象外。