シャープ、ペット専用運転も可能なAIoTプラズマクラスター加湿空気清浄機

シャープ、ペット専用運転も可能なAIoTプラズマクラスター加湿空気清浄機

 シャープは11月15日、プラズマクラスター加湿空気清浄機の新製品として、イオン濃度を従来の約2倍まで高めた「プラズマクラスターNEXT」を搭載した「KI-JP100」と、「プラズマクラスター25000」搭載の「KI-JX75」「KI-JS70」「KI-JS50」の計4機種を発売した。

 共通の特徴として、独自の「おうちフィット」運転機能が進化。クラウドのAI(人工知能)が、湿度・照度・ホコリ・ニオイ・人感の各種センサーの情報や、スマートフォンの位置情報をもとに、毎日の生活パターンまできめ細かく分析・学習し、それぞれの家庭のシーンごとに最適な運転に自動的に切り換え、空気浄化性能を最大限に発揮する。
 無線LAN経由でスマートフォンと連携可能で、本体の遠隔操作や、専用アプリ上で目には見えない「室内・屋外の空気の状態」「キレイにした空気の量」「フィルターなどの消耗品の交換時期の目安」を確認できる。
 さらに、「COCORO AIR」に接続して、専用アプリにペット(犬、猫)の名前を登録すると、犬または猫に特化した「ペット専用運転モード」を新たに設定できるようになった。ペット専用運転モード「ワンちゃんおまかせ」または「ネコちゃんおまかせ」では、通常の「おまかせ運転」よりも風量を強め、空気清浄と集じんを強化し、さらにニオイセンサーの感度を上げて脱臭する。
 あらかじめ設定した室温から外れるとスマホに通知する「温度に関するお知らせ」機能や、センサーが検知したニオイやホコリの発生状況からペットの様子を予測する機能も搭載し、ペットや人の見守りツールとしても活用できる。
 なお、「プラズマクラスターNEXT」搭載の「KI-JP100」は、ソファーやカーペットなどへの「付着排せつ物臭」の消臭効果を実証している。非搭載の他の3機種も、前方向に集中的に高濃度プラズマクラスターを照射するプラズマクラスター「パワフルショット」運転を使えば同様の効果が得られるという。
 このほか、「KI-JP100」と「KI-JX75」は、「ペット専用運転モード」と連動する前ルーバーの上下自動スイングに対応し、プレフィルターに溜まったホコリを定期的に自動で掃除し、お手入れの負担を大幅に減らす「自動掃除パワーユニット」を備える。本体カラーは、「KI-JP100」と「KI-JX75」はホワイトのみ、「KI-JS70」と「KI-JS50」はホワイトとグレーの2色。
 価格はすべてオープン。税別の実勢価格は、加湿空気清浄時に8畳分を7分で清浄する最上位機種「KI-JP100」(プラズマクラスター適用床面積の目安約23畳)で13万円前後、「KI-JX75」(8畳分の清浄時間10分)は8万5000円前後、「KI-JS70」(同12分)は6万5000円前後、「KI-JS50」(同13分)は5万5000円前後。


関連記事

おすすめ情報

BCN+Rの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索