近年女性に人気のドライシャンプー
近年女性に人気のドライシャンプーを、1度使ってみたいと思ったことはないだろうか。そのドライシャンプーはたくさんの商品があるが、株式会社グラフィコのイギリスNO.1のヘアリフレッシュスプレー「Batiste(バティスト)」より、2020年3月27日からケアプラスシリーズとして、「ダメージコントロール」と「カラープロテクト」の2種が発売される。

バティスト ヘアリフレッシュスプレーとは
バティスト ヘアリフレッシュスプレーとは、ライスパウダー配合のドライシャンプー。髪の汚れはもちろん、頭皮から出た余分な皮脂を落とし、ベタつく髪をサラサラ、ふわふわにしてくれる。さらに独自ブレンドの華やかな香りが、においをリフレッシュする。

ケアプラスシリーズは、補修成分や保護成分を加えており、ヘアケアもできるドライシャンプーとなっている。

髪のダメージケアをする「ダメージコントロール」
髪のダメージケアをする「ダメージコントロール」は、ケラチンとアボカドオイルを配合。ケラチンは、ドライヤーの熱、乾燥や摩擦のダメージを補修。アボカドオイルは髪を守り、しなやかなに整えてくれる。価格は、120g1200円(税抜き)。

髪のカラーキープをする「カラープロテクト」
髪のカラーキープをする「カラープロテクト」は、ケラチンと保護成分を配合。ケラチンは、ドライヤーの熱、乾燥や摩擦のダメージを補修。保護成分はカラーリングした髪を紫外線から守ることで、色持ちをキープする。価格は、120g1200円(税抜き)。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社グラフィコ プレスリリース
https://www.graphico.co.jp/press/2020/_pdf/BT_0311.pdf