CBDオイルでコロナ疲れの生活改善を
株式会社echelleの手掛ける日本発のCBDブランド「RECALM」から、2020年5月3日に「RECALM CBD Oil 3%」が発売された。新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活により、乱れたライフスタイルを整えるアイテムとして注目だ。

ストレスを感じやすい現代人にぴったり
CBDとは、「カンナビジオール」の略称で、ヘンプ(麻)に含まれる主要な成分の1つ。身体の恒常性を保つ作用があり、抗不安、抗炎症など様々な病状に効果があることや、予防として健康美の維持に役立つことが明らかに。その安全性と有効性は、WHOも認めたことで話題になっている。

身体的にも精神的にも作用するCBDは、頭痛を感じたとき、気分転換したいとき、上手く寝付けないときなどに摂取することで、その効果を実感できる。ストレス社会の現代、そして自粛生活が続き「自粛疲れ」が起きやすい今に、ぴったりのアイテムだ。

安心の日本製&オーガニック原料
同ブランドは、「らしさ、輝く、世の中に。」がコンセプト。「クリーン」「ベーシック」「フレンドリー」の価値観を重視し、Made in Japan品質と、完全オーガニックヘンプを原料とすることにこだわっている。

独自の製法により高品質を実現し、飲みやすく続けやすくするため、味にもこだわった。また、CBDプラス「MCTオイル」や「β-カリオフィレン」や「特許取得済み成分 クルクミンU」を配合。吸収率を高め、抗炎症作用や抗ウイルス作用を最大限に引き出されているのも特長だ。

CBDを300mg配合した同商品は、税抜き6,800円。公式オンラインショップにて購入でき、2本セット、3本セットで購入すると割引がある。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※RECALM公式サイト
https://recalm.co.jp/