英語の家庭学習で問題集をうまく使うには、いくつかのポイントがあります。最も大切なのは、「何度も繰り返し問題を解けるように」問題集を使うこと。

「英語は苦手」「英語の成績が伸びない」と悩んでいる場合は、問題集の使い方を見直してみましょう。

この記事のポイント

  • 問題集には直接書き込まずノートに英文ごと解答
  • 答え合わせをしたら必ずもう一度挑戦!
  • 文法演習には整序問題や英文書き換え問題が便利

問題集には直接書き込まずノートに英文ごと解答

問題集の使い方でよくあるのは「問題集に直接書き込む」ことです。学校によっては、問題集に答えを書き込んで提出しなければならないこともあるでしょう。

しかし、一度書き込んでしまうと2回目に解くときに最初の答えが邪魔になってしまいます。問題集は、「解きっぱなし」にするより「何度も繰り返し」解くことが大切。学校の提出で必要な場合以外は、問題集に直接書き込まずにノートなどに解答を書きましょう。

ノートに解答を書く際は、問題文の空欄を含めた1文をまるごと書き写しておくと便利。答え合わせで空欄の前後がどのようになっているかを確認しやすく、文法や考え方のポイントを書き込めます。英単語の語法を文脈とともに学習すれば英文法の習得にも効果的です。

書き写すのに時間がかかる問題は、問題集のページをコピーして使っても構いません。

答え合わせをしたら必ずもう一度挑戦!

問題を解いて答え合わせをしたら、必ずもう一度解き直してください。

答え合わせをしただけだと「解きっぱなし」になり、間違えたところがいつまでも定着しません。きちんと定着させるには、何度も繰り返し解くことが大切。そのためにも、解答はノートや問題集のコピーに書く必要があるのです。

もし余裕があれば、正しい答えを入れた英文を10回ほど音読するのもよいでしょう。文法の使い方と単語を英文ごと覚えるのに効果的な学習方法です。

文法演習には整序問題や英文書き換え問題が便利

近年、日本の英語教育は「聞く・読む・話す・書く」の4技能を総合的に伸ばそうという方針になっています。これら4技能をきちんと伸ばすには、英文法の習得が欠かせません。

問題集を使って英文法を身につけるなら、整序問題(語句の並べ替え問題)や英文書き換え問題に取り組みましょう。使うべき単語のほとんどが問題の中にあるので、文の構造に集中して考えることができます。

もし今使っている問題集に整序問題や英文書き換え問題が少ないなら、教科書の問題やインターネット上で公開されている問題も使うとよいでしょう。ネット上で入手できる問題としては、たとえば神奈川県の「課題解決教材」があります。

まとめ & 実践 TIPS

英語の定着率を上げるには、問題集を使った演習が不可欠。効果的に問題集を使うには4つのポイントがあります。

● 直接書き込まず、解答はノートまたは問題集のページのコピーに書く
● ノートに解答を書く場合は、空欄を含む1文を書き写す
● 分からなかった問題・間違った問題は解説・解答を読んで何度も解き直す
● 英文法の定着には整序問題や英文書き換え問題を中心に取り組む

ポイントを押さえつつ、まずは1冊の問題集を徹底的に使い倒してみてください。