朝ごはんをとることは重要! とは子どもに限らず大人に向けてもよく言われることです。しかし、子どものなかには朝すっきり起きられず、朝ごはんを食べたがらなかったり、食べる時間が取れなかったりする子もいるでしょう。なぜ、朝ごはんは大切と言われているのでしょうか? 改めて子どもに伝えたい、朝ごはんの重要性について紹介します。

この記事のポイント

  • 心も身体も健康に! 朝ごはんを食べるメリットを知ろう
  • 朝ごはんを抜くとどうなる? 朝ごはんを食べないデメリット
  • 何ができる? なかなか朝食を食べてくれない子への対応策

心も身体も健康に! 朝ごはんを食べるメリットを知ろう

朝ごはんを食べることによって、具体的に得られるメリットは次のとおりです。

・体温が上がり脳と身体がすっきりと目覚める
・生活リズムを整える効果が期待できる
・排便をうながし便秘を予防することができる

学校では勉強や運動をしたり、友達や先生といった他者とのかかわりを持ったりするなかでたくさんのエネルギーを消費しますが、人は眠っている間にもエネルギーを消費しています。朝ごはんを欠いてしまうと、活動するのに十分なエネルギーが昼食まで脳に送り込まれないことになってしまいます。朝食は、午前中からいきいきと健康的に過ごせる条件を整えてくれるのです。

朝ごはんを抜くとどうなる? 朝ごはんを食べないデメリット

一方で、朝ごはんを食べずに学校へ行くことには、次のようなデメリットが挙げられます。

・ぼーっとして授業に集中できない
・脳にエネルギーが送られず、イライラしたり身体がだるく感じたりする
・空腹により胃腸が活発化し用意していた昼食では足りなくなる

胃腸の活動が過剰に活発になることで一回の食事量や間食が増えると、肥満やそのほかの疾患を引き起こす危険性もあります。また、朝食抜きの生活が続き、一日の食事が2食になってしまうことで十分な栄養がとれなければ、貧血などの不調を招くことも。
たまたま寝坊してしまって朝食が食べられない…という日があったとしても、朝食を食べないことを習慣化しないようにすることが大切です。

何ができる? なかなか朝食を食べてくれない子への対応策

朝ごはんに適している朝食の形は、いわゆる和定食のようなものと言われていますが、いつも用意するのは大変です。可能な範囲で栄養について考慮しながら、無理なく続けられるように工夫してみましょう。

朝ごはんにとりたい栄養素としては、エネルギー源となる糖質と腸の働きを促進する食物繊維、体温をあげるのを助けてくれるタンパク質などが挙げられます。例えば牛乳だけでも、タンパク質・カルシウムだけではなくビタミンも補給できますので、品数にこだわりすぎず全体のバランスで考えるのもポイントです。

当日の朝に用意することが難しければ、具だくさんの味噌汁を前日の夕食に作っておいたり、切らなくても食べられるフルーツやチーズなどを用意したりしておくと便利です。特にバナナは、エネルギーになる糖質や腸の働きを助ける食物繊維が同時に取れるため、手軽でおすすめのフルーツ。十分な時間がないときには、バナナとヨーグルトやバナナとコップ一杯の牛乳などでもいいでしょう。

まとめ & 実践 TIPS

朝ごはんを習慣づけることは、成長期である子どもだからではなく、大人にとっても大切なことです。食育の一環として、ぜひ子どもと朝ごはんの大切さや、どんな朝ごはんであれば食べられるか? などを話しあってみるのはいかがでしょうか。


出典:
農林水産省 子どもの食育「確かめよう!自分の一日 朝がイチバン」
https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/oneday/morning1.html