コロナ禍における雇用情勢の悪化を受けて、日本労働弁護団が、LINEで労働相談を受け付けている。3月3日までの予定。

2月26日から所属弁護士が順次回答する。LINEでのやりとりは10往復程度までを想定。必要があれば、電話や面談での相談に移行する。

今まで相談できなかった人にも裾野を広げたい考え。撮影した書類などを見ながら、やりとりできるのもメリットだとしている。

アカウント名は「日本労働弁護団(@384rmlnn)」。リンク先(https://lin.ee/sJ2CXAc)から友達追加して利用する。

詳細は同弁護団ウェブページ(http://roudou-bengodan.org/topics/10313/)まで。

画像タイトル