視覚敏感な「ろうあ」従業員、上司にブラインド開けられる嫌がらせ…オリックスを提訴

オリックスで約25年間働く、ろうあの女性・和田明子さん(45)が3月21日、会社から不当な懲戒処分を受け、無期限の在宅勤務や給与の減額を強いられているとして、東京地裁に提訴した。慰謝料300万のほか、減額された給与の差額なども求めている。職場でのパワハラやいじめもあったという。

訴状によると、和田さんは生まれつき耳が聞こえず、手話や筆談を使って意思の疎通をしている。オリックスには1991年に入社し、事務職として入力作業などを行ってきた。

ろうあ者は、耳が聞こえない分、視覚が敏感とされる。和田さんは会社に対し、日差し対策を要請していたが、新しく異動してきた上司は、ブラインドを原則オープンにするなど、安全配慮義務違反やパワハラとも受け止められる方針を打ち出してきたという。

また、和田さんは会社に日よけを設置してもらっていたが、上司や同僚から日よけを揺さぶられるなどの嫌がらせを受けていたという。しかし、和田さんが嫌がらせをしてきた従業員とトラブルになると、会社は和田さんのみを懲戒処分(けん責)とし、無期限の在宅勤務を命令。PDF化された銀行のデイリーレポートを、エクセル表に転記する作業などをさせた。この結果、和田さんの2015年の通期評価は、これまで一度もとったことのない最低ランクとなり、給与も下がった。和田さんは、処分や現在の処遇は違法だと主張している。

提訴後、厚労省記者クラブで記者会見が開かれた。和田さんは手話通訳者を通じ、「健常者はろうに対して、配慮をするのが面倒だと思っているようです」「何があっても、ろうの責任とされることが多い」などと訴えた。

オリックスは、「訴状が届いていないので、事実関係を確認できない。現状でのコメントは差し控えたい」としている。

(弁護士ドットコムニュース)

関連記事

おすすめ情報

弁護士ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索