統合失調症の患者がカモにされる現状に憤り…探偵会社が医療機関につなぐ新たな試み

幻覚や幻聴が特徴的な精神疾患・統合失調症を患った人を医療機関につなげている珍しい探偵会社が広島市にある。その会社「総合探偵社フォーチュン広島」の社長、重川亮さん(43)によると、異色の活動を始めたきっかけは元々、依頼者の中に統合失調症を患った人が多かったことだという。その活動内容や活動を通じて気づいた問題などを聞いた。

●統合失調症の人が探偵会社に相談にくる理由

――探偵会社というと、一般的には浮気調査が主な仕事というイメージなので、依頼者の中に統合失調症を患った人が多いということを意外に感じる人も少なくないと思います。

統合失調症の人は自分が病気だとわからず、病院ではなく警察や弁護士、防犯会社、探偵会社などに相談に行くことが多いのです。主な相談内容には、「盗聴されている」「電磁波攻撃を受けている」「集団ストーカーの被害に遭っている」などがあります。

変わったところでは、額にテープのようなものを張り、「これがないと思考を盗聴されるのです」と言っていた人や、「服のサイズをすべて変えられました」「冷蔵庫のチーズが毎日1つずつ無くなるのです」と訴えてきた人がいました。僕も最初はそれが病気とわかりませんでしたが、メンタルクリニックの先生に「それは統合失調症です」と教えてもらったのです。

――そこで、統合失調症の人たちを医療機関につなげる活動を始めたわけですか。

いえ、以前はそういう人たちの調査依頼は体よく断っていたのです。というのも、「盗聴されている」という人の家を実際に調べ、「何も出てきませんでした」と結果を伝えても、「いや、盗聴器は絶対ある」と言い張り、調査料金を払ってくれなかったりするのです。僕らを家に呼んでおきながら、「お前も手下だろ」と包丁を振り回す人もいましたからね。

――では、何が活動を始める転機になったのでしょうか。

当社が調査を断った人がその後、別の探偵会社に相談に行き、何十万円、何百万円という法外な料金を支払ったという話がちょくちょく耳に入ってきたことです。統合失調症の人の中にもお金がある人はいます。そういう人は探偵会社から「盗聴器探しなら50万円かかります」と言われても、「盗聴の苦しみから逃れられるなら安い」と思ってしまうのです。

そういう探偵会社は実際に調査をして盗聴器が出てこなくても、「盗聴器ではなく、レーザーで盗聴されていたようですね」などと色々な言い訳をしてお金を支払わせます。僕はそういう話を聞くたびに腹が立ち、「そういう会社に大金を払わせるなら、統合失調症の人を医療機関につなげたい」と思うようになったのです。

●統合失調症の人を病院に連れて行くのは大変

――「医療機関につなげる」というのは、統合失調症の疑いがある依頼者を病院に連れて行くということですか。

単純に言えばそういうことですが、統合失調症の人を病院に連れて行くのはすごく大変です。本人は病気の自覚がないので、本人に直接、「統合失調症かもしれないので、病院に行きましょう」などと言ってはいけないからです。そんなことを言うと、怒って帰ってしまう人もいます。

そこで、家族がいる人なら、まずは家族に連絡して、「おたくの息子さんが当社に相談にこられたのですが、精神疾患かもしれません。病院に連れて行かれてはどうでしょうか」などと持ち掛けます。一方、独身や一人暮らしの人だと、僕が自らクリニックや病院まで連れて行くしかありません。その場合、言い方がとても難しいですね。

――どのような言い方をするのですか。

クリニックの先生から「肯定してはダメ。共感するように」と教わり、そのような言い方をしています。たとえば、集団ストーカーの被害を受けているという人には、「僕には、あなたが本当にそういう被害を受けているかはわからないですが、そんな状態だったら睡眠もとれずに大変だったんじゃないですか」などと言います。

すると、心を開いてくれる人がいるのです。今まで周囲の誰にも信じてもらえず、妄想だと言われているからです。心を開いてもらえたら、「僕も以前、眠れないことがありましたが、クリニックに行ったら頭が冴えてきましたよ。よかったら、一緒に行ってみましょうか」などと誘うと、「じゃあ、ちょっと行ってみようか」と応じてもらえることがあるのです。

――実際、これまでに何人くらいの依頼者をクリニックや病院に連れて行ったのですか。

精神疾患の人からの相談はコンスタントに来ているのですが、これまでにクリニックや病院に連れて行けたのは60人くらいです。割合で言うと、全体の2割か3割ですね。当社に相談にこられた時点で家がゴミ屋敷になっているなど、手を差し伸べることすらできないほど酷い状態の人もいます。

一方でクリニックや病院に連れて行った後、病状が良くなった人もいます。その中には社会復帰している人がいれば、入退院を繰り返している人もいますね。

●カモにされている統合失調症の患者たち

――重川さんの活動は同業者にどのように思われているのでしょうか。

同業者には、僕がやっていることを疎ましく思っている人が多いです。精神疾患のある人をカモにして成り立っている探偵会社は多く、業界の表沙汰にされたくない部分だからです。

また、僕らが盗聴器の捜索などのために依頼者の家に行くと、家の中のすべての部屋に防犯カメラを設置している人や、リフォーム業者に「壁を張り替えれば、電磁波の攻撃を防げます」と提案されてその通りにしている人などもいました。探偵会社以外でも精神疾患の人をカモにしている業種は多いのだと実感しています。

――そういう問題はほとんど知られていませんね。

その理由の1つは、カモにされる人たちが納得してお金を払っていることです。盗聴器の捜索は1軒3〜5万円が業界の平均的な料金で、当社の場合も基本料金が2万円、プラス1部屋1万円という設定です。ただ、盗聴器の捜索に決まった値段があるわけではないので、50万円でも100万円でも支払う本人が「それでいい」と思えば、被害者は存在しないわけです。

また、メディアも統合失調症のことは扱いたがらないのです。たとえば以前、東京から新聞記者が取材に来て、当社の依頼者だった統合失調症の女の子と一緒に1日取材を受けたり、また別の新聞記者と一緒に精神医療の施設を色々回ったりしましたが、いずれも記事になりませんでした。現場の人が熱心でも「上の判断」でストップが入るのです。

――メディアが精神疾患の問題をあまり報じないのは、偏見を広めないようにとの配慮だと聞きますね。

僕もそれは仕方がないとも思うのです。5分や10分のテレビ番組や数段の新聞記事で扱っても、読者や視聴者に統合失調症のことを正しく理解してもらうのは難しいでしょうから。

ただ、僕が活動を通じて気づいたのは、世間の人たちは統合失調症に「無理解」なのではなく、「無関心」であるということです。たとえば今、うつ病の人に「がんばれ」と言ってはいけないことは誰でも知っていますが、それは誰もがうつ病に関心があるからです。一方、統合失調症は100人に1人がかかると言われるほど多い病気なのに、世間の人たちにほとんど関心を持たれていません。

一番いいのは、世間の人たちが統合失調症の問題に関心を持つことにより、何かが動き出すことだと思います。扱いにくい問題とはいえ、メディアが扱わないといつまでもこのままです。

【取材協力】

重川亮(しげかわ・りょう)

「総合探偵社フォーチュン広島」代表取締役社長。広島県調査業界協会専務理事。統合失調症の疑いがある依頼者を医療機関につなげる活動は、盗聴器探しなどの依頼のアフターフォローとして無料で行っている。この活動の実体験を綴ったエッセイを雑誌「統合失調症のひろば」(日本評論社)で2016年春号より連載中(※発売中の2017年秋号は休載)。

【ライタープロフィール】

片岡健(かたおか・けん)

1971年生まれ。全国各地で新旧様々な事件を取材している。編著に「絶望の牢獄から無実を叫ぶ ―冤罪死刑囚八人の書画集―」(鹿砦社)。広島市在住。

(弁護士ドットコムニュース)

関連記事

おすすめ情報

弁護士ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索