稲村亜美さんに数千人の中学球児殺到 「紛れもなく痴漢」など怒りの声続々、運営平謝り

「神スイング」で知られるタレントの稲村亜美さん(22)が3月10日、神宮球場であった野球大会の始球式で、中学生球児らに「襲われる」ハプニングがあった。ツイッターでは「どう考えても集団暴行事件」「紛れもなく痴漢」など怒りの声が上がっている。

大会は、日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の主催。TwitterやYouTubeにアップされた動画には、稲村さんを囲むように整列していた球児たちが、一斉に殺到する姿が映されている。

稲村さんは同日夜、インスタグラムで「みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました」と配慮したコメント。

一方、ツイッターでは、球児本人と見られるアカウントが悪びれる風もなく、武勇伝のごとく語っている投稿が拡散されるなど、怒りが拡大中。主催者や指導者らの目前で起きた事件だけに、大人の管理責任を問う声も上がっている。

●軽傷を負った中学生も「各チームに注意の文書送る」

主催者によると、参加は202チーム。正確な数字は把握していないが、1チーム平均20人だとすると、4000人ほどが現場にいた可能性があるという。

始球式は「知る限り初めて」(担当者)といい、稲村さんのスケジュールが合ったことで実現したという。「経験がなかったこともあり、不手際があった。あそこまでは想像していなかった」と責任を感じている様子。

止めに入ろうとしたが、中学生の圧力に負け、審判団や役員が球児を引き剥がすのに時間がかかってしまったという。大事には至らなかったが、軽傷を負った生徒もいるそうだ。

一部ツイッターで名前が出ている生徒がいることも把握しており、「好ましくないことだと思っています。当日、個別に注意した中学生もいるが、各チームに注意の文書を送る予定です」。

「稲村さんには当日、誠意をもって謝りました。今日も仲介を通して連絡している。稲村さんからは、非常に好意的に言葉をもらっています」と終始申し訳なさそうだった。

「神対応」で済ませることなく、再発防止策と「襲撃」に加わった生徒たちの反省を促してもらいたい。

(弁護士ドットコムニュース)


関連記事

おすすめ情報

弁護士ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索