配偶者の死、「かわいそう」はもうやめよう 「没イチ」を生きる 

配偶者を亡くした人に「かわいそう」とか「寂しいわね」などと声をかけたり、そう思って接したりしてはいないだろうか。悪意はなくても、実は相手を戸惑わせているかもしれない。

「夫を亡くした後、配偶者と死別した人への世間の哀れみの視線が、とてもひっかかりました」。第一生命経済研究所の小谷みどり主席研究員(49)はそう語る。

小谷さんは7年前、42歳の夫を突然死で亡くした。お墓や葬式など死生学を専門に研究してきたはずなのに、自分が配偶者を亡くし、初めて気づくことが多かったという。

配偶者を亡くした人たちを「没イチ」と呼び、当事者にしかわからない情報交換をする「没イチの会」を作った。

2018年10月に上梓した『没イチ パートナーを亡くしてからの生き方』(新潮社)では、前向きにたくましく生きていく没イチたちの姿を追った。誰もが没イチとなりうるからこそ、どんな心づもりや準備が必要か。小谷さんに聞いた。

●「楽しそうにしない方がいい。後ろ指をさされるから」

小谷さんの夫が突然亡くなったのは、2011年4月29日のことだった。子どもはおらず、夫婦2人で暮らしていた。健康診断の結果も問題なく、亡くなる兆候も何もない中での、突然の死だった。通夜、葬儀をゴールデンウィーク中に慌ただしくすませ、連休が明けると、普段どおりに出勤した。

「気持ちの面ではもちろん落ち着いてはいません。でも、講演や大学の講義があり、休むことはできませんでした。結果的には、そのおかげで変わらない日常生活を続けることができたので、良かったのだろうと思います」

同僚たちは、何事もなかったかのように接してくれ、そのことがありがたかったという。しかし、すべての人がそうではなかった。

「誰だって没イチになる可能性があるのに、自分だけはまるで関係ないかのように、『かわいそうに』『さびしいでしょ』と慰められる。相手に悪意はないとわかっても、内心むっとしたり、腹が立ったりしたものです。相手に共感しているような言葉ですが、悲しいふりをしなければならないというプレッシャーを与えられた気になりました」

さらに、小谷さんに対して「死別して間がないのだから、楽しそうにしない方がいい。後ろ指をさされるから」と、ご丁寧に忠告してくる人もいたという。小谷さんは「配偶者と死に別れた人は笑うことも、楽しむことも許されないのか」と驚いた。

●乏しい「没イチ」情報交換の場

遺族会や患者会はあるのに、配偶者を亡くした人だけが集う会は当時なかった。没イチの声がなかなか聞こえないのは「楽しそうにしてはいけない」、「かわいそうにしなければいけない」と、周囲の目を気にしているからなのか。

2015年、小谷さんが講師を務める「立教セカンドステージ大学」(50歳以上のシニア層が対象)で「没イチ会」が誕生した。「実は私も没イチです」という人たちの輪が広がり、現在は11人のメンバーで活動する。

「広げると大変だから、このくらいの人数がいいかもしれませんね。会といっても堅い話をするわけではなく、単なる飲み会です」と笑うが、交わされるのは「再婚したいか」「遺品はいつ整理したか」「配偶者の親族と付き合っているか」など、没イチならではの悩みだ。

●「姻族関係終了届」増加の背景

その1つ、親族との付き合いは、大きな関心だ。死別の場合、離婚とは違って、姻族(配偶者の親族)との戸籍上のつながりは継続する。その関係を断つ「姻族関係終了届」を提出する人は年々増えており、法務省の「戸籍統計」によれば、2007年に1832件だった届け出が、2016年には4032件にも増加した。

ただ、この数字をもって「配偶者の家族との関係を断ちたい人が増えた」と考えるのは、短絡的かもしれない。小谷さんが研究者となった20年前にはすでに「姑と同じ墓に入りたくありません」「私は夫と結婚したのであって、夫の家族と結婚したわけではないですから」という声は女性の間に根強くあったそうだ。

「核家族化が進んだこと、姻族関係終了届という手続きの認知度が高くなったことで、提出数が増えたのではないでしょうか」

なお、姻族関係終了届を提出しなくても、扶養義務は状況に応じて拒否することもできる。届けを出すだけで、何かが大きく変わるわけではない。むしろ効果は「精神的なもの」だと小谷さんはみている。

「ずっと昔には、夫が亡くなった後も、嫁として舅や姑の介護をしなければいけなかったわけですから、結婚の考え方も大きく変わったのだなと思いますね」

●再婚したい男性、没イチを満喫する女性

つながりを手放す人もいれば、新たな「ご縁」を求める人もいる。最近では、没イチさんをターゲットにした中高年の結婚紹介サービスも珍しくない。

「男性は再婚したい人が多いですね。お世話して欲しい、寂しいのは嫌といった理由があるのでしょう。逆に、女性はもう再婚はいいという人が多いです」

女性が再婚をしたがらない理由の1つは、経済的な心配がないことだという。遺族年金や生命保険金を受け取ると、再婚によって夫の「お世話」をする生活に戻るよりも、没イチを満喫する女性が多いとのことだ。

没イチの備えとして何が必要か。小谷さんは「男女関係なく、仕事や配偶者以外の世界を持つことが大切です」という。そうした場が、没イチとなった時に支えとなる。居場所作りと並行して、死に対する意識を変える必要もあるだろう。

「終活ブームで、終活そのものは明るいのに、肝心の死についてはオブラードでくるんでしまう。かわいそうと思うこと自体、死に対して偏見があるから。死にゆく人を、哀れみの目でみるのもそうです。でも本来、死は誰にでもおとずれるもの。余命半年の人を哀れんだその日、あなただって交通事故で死ぬかもしれないのですから」

最後に「没イチさんに、どう接すればいいのか」と聞いてみた。小谷さんは言う。

「相手を没イチの先輩だと敬ってみてはどうですか。誰だって没イチになる可能性があるのですから。死にゆく人も、大切な人と死別した人も、『かわいそうな人』ではありません」

【取材協力】

小谷みどり(こたに・みどり)

2018年12月末まで第一生命経済研究所主席研究員。19年1月より「シニア生活文化研究所」(東京・港区)所長。専門は死生学、生活設計論、余暇論。2018年10月、『没イチ パートナーを亡くしてからの生き方』(新潮社)を上梓した。

(弁護士ドットコムニュース)


関連記事

おすすめ情報

弁護士ドットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索