筆者は子供3人の5人家族です。4月には三男が小学校に入学するため、全員通学用に小児用PASMOを持たせることになります。通学定期のため、通学区間は何度でも乗車できますが、通学区間外の場合はチャージしていなければ改札を出られません。

最近は、PASMOにスマホをかざすと残高がわかるアプリもありますが、小児用PASMOへのチャージは、基本的には券売機です。残高が足りない場合は券売機やセブン銀行ATMに行ってチャージしなければなりません。残高が足りないと子供から連絡があったとしても、遠隔でチャージすることができないので不便です(東急線は東急カードでオートチャージサービスがあるため、筆者はこちらを利用)。

家族一人ひとりのキャッシュレス化を進めるのはそれほど難しくないのですが、家族全体でのキャッシュレス管理は難しいのが現状です。

18歳以上の場合

まず、子供も含めて、家族全員が18歳以上の場合は比較的簡単です。クレカには家族カードが用意されているため、家族カードを発行しましょう。

家族カードの場合は、本会員よりも年会費が安く、全て本会員に請求があります。従って、どこで・いくら使ったかなどの管理もできます。

家族カードの条件は「同居」や「同姓」条件など、カード会社によって異なりますが、「生計を共にする」条件だけの場合は、一人暮らしや留学などで同居していない子供にも持たせる事ができます。

クレカ決済時のポイントは本会員に付与されるため、ポイントが分散することもありません。

16歳〜18歳の場合は?

18歳となると大学生以上になりますが、高校生で留学したいと言うような場合はデビットカードの家族カードもあります。

Visaなどの国際ブランドがついたデビットカードは海外でも利用することができます。

デビットカードは、基本的には16歳以上(15歳の場合もあり)が申し込みできますので、高校生で留学したい・全寮制の高校に行くなどの場合にはおすすめです。

しかし、家族カードのあるデビットカードは少なく、対象の銀行口座を保有する必要があります。

小学生以上ならこのサービス

三井住友カード公式サイトより

この、家族のキャッシュレス化でいつもモヤモヤしていたところ、三井住友カードが新たなサービスを開始しました。

「かぞくのおさいふ」というサービスで、「共通のおさいふ」として1つの財布を作ります。「共通のおさいふ」はVisaプリペイドカードで利用することができるため、Visa加盟店で利用可能です。

「共通のおさいふ」とは別に「個別のおさいふ」があります。「共通のおさいふ」から「個別のおさいふ」に残高を移動(チャージ)したり、直接チャージすると、「個別のおさいふ」を利用できる人が、その残高の範囲内で利用できると言うイメージです。

つまり、家族の今月の予算としては10万円。このうち、3000円を子供にチャージすると、「共通のおさいふ」としては9万7000円利用できますが、子供は3000円までしか利用できません。管理者の場合は「個別のおさいふ」から「共通のおさいふ」にお金を移動することもできます。

残高の確認や利用履歴も管理でき、残高不足の場合はオンラインでチャージなども可能です。

このVisaプリペイドカードは小学生以上で申し込むことができるため、筆者も早速「かぞくのおさいふ」を申し込みました。

家族のお金を別々に管理している家庭も多いですが、筆者の家庭では夫婦や子供のお金は全部公開しています。将来設計などを考えると、家族のお金は全て管理できた方が便利ですよ。

菊地崇仁

ポイント交換案内サイト「ポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントやカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)等がある。