シャープは2020年12月1日から、新サービス「マスク定期便サービス」の申し込み受付を開始しました。

女性、子ども向け小さめサイズも

マスクは、液晶パネルも製造可能なシャープの三重工場(三重県多気郡多気町)のクリーンルームで製造されたものです。PM2.5や花粉の侵入、およびウイルス飛沫や微粒子の侵入・拡散を抑制する「99%カットフィルター」を採用しています。

「マスク定期便サービス」に申し込むと、毎月定期的に1か月分(30枚)のマスクが自宅のポストに直接届きます。成人男性の利用を想定した「ふつうサイズ」、女性や小学校高学年以上の子ども向けの「小さめサイズ」の2コースがあります。価格は1箱1650円(送料無料)。

ECサイト「COCORO STORE」にて、申し込みを受け付けています。なお、申し込み多数の場合は、受付を停止する場合があります。解約手続きが行われるまで、サービスは自動継続されます。解約はいつでも可能ですが、発送手続き済み商品は解約できません。

初回分は、申し込み順に12月下旬から順次発送されます。2回目以降は、約30日サイクルで毎月発送されます。

4月下旬から実施されているマスクの抽選販売も継続されます。第32回(12月2日)抽選販売分からは、1人50枚入りの箱マスクが2箱まで購入可能になります。1箱購入時は3278円(送料別)、2箱購入時は5500円(送料無料)です。