長引くマスク生活の中で、リップをすっかり使わなくなったという声をよく耳にします。

しかし、飲食時などマスクを外す機会もある時は、素の唇では顔色が悪く見えたり、他のメイクとのバランスが悪く残念な印象に見えてしまったりします。そのため落ちにくいリップを纏って少しでもマスクへの色移りを避けたメイクを楽しみたいところです。

とはいえ、出番の少ないリップにあまりお金をかけたくないという人も多いことでしょう。

今回は、これまでいろいろ試したなかで、マスクで落ちにくいと思うプチプラのティントリップ3つを選出。実際にマスクをつけての生活の中で徹底検証しました。

マスクへの色付きの検証の仕方

今回の検証は、以下の工程で行いました。

【リップの纏い方】
リップクリームは使用せず、ティントリップを付属のアプリケーターで均一に塗りました。その後唇の上下を合わせて馴染ませてから軽くティッシュで抑えました。

【マスクの着用について】
2時間ほどマスクを着用し、その間会話したり、外出するなどして唇を動かす機会を作っりました。

実際に検証した結果は、下記の通りです。

・セザンヌ カラーティントリップ #CT4 ブラウン系(全6種/600円)

ティントリップというとマットで唇が乾きやすいものが多い中、こちらのティントリップは保湿成分配合でうるおいたっぷり。使用中に唇がカサつくことなく、1日中快適に使用することができます。

また、発色がよく、一度塗りでも見たままの色にしっかり色付きます。下の画像は、まさに腕に一度塗りした画像です。

唇に纏った時もイメージ通り。適度なツヤ感や纏った時に唇の縦じわをさりげなくカモフラージュしてくれるところにも惹かれています。

#CT4 ブラウン系は、深すぎない赤みを帯びたブラウン。落ち着いた印象に仕上がりながらも、顔色をくすませることもないので、年齢を問わず使いやすいカラーです。

ただ、こちらのティントリップはみずみずしい使用感なだけに、若干マスクに色が付きます。

それでも、リップが落ちるというほどではなく、仕上がりにはそれほど影響が出ませんでした。

(結果)うるおいバッチリで高発色! みずみずしいだけに若干の色移りアリ。

・オペラ リップティント N(全8種/1500円)

リニューアルしても変わらない高い人気を誇るティントリップ。透け感の発色キレイなツヤ感で儚げな美人に見せてくれます。しっとりするのにベタベタしない使用感も人気の理由です。

#08 バーガンディは、赤みが強めのバーガンディ。色っぽい雰囲気に仕上がります。

モチがいいのもこちらのティントリップの特徴ですが、そもそも色付きが淡く、上の画像も腕に3度塗りしています。そのようなこともあって、マスクへの色付きもほんのりといった感じになりました。

こちらのティントリップも仕上がりにはさほど影響しないといえます。

(結果)リニューアルしても変わらず人気! マスクへの色づきもほんのり。

落ちにくさ最強のティントリップ発見

・ロムアンド ジューシーラスティング #06 フィグフィグ(全5種/1200円)

ロムアンドは、韓国のコスメブランド。こちらのティントリップは、フルーツのようなジューシーな発色でジュワッと唇を染め上げ、ほどよいツヤを宿した可愛らしい口元に仕上げてくれます。

ジューシーな使用感なだけにセザンヌほどではないものの、使用中唇が乾燥しにくく、ふっくらとしたボリュームまで叶えてくれるところも◎。また、濃淡を付けやすいのでグラデーションも思いのままです。

#06 フィグフィグは、くすみのあるイチジク色。品のいい大人ピンクを楽しめます。

こちらのティントリップの最大の魅力は、落ちにくさ! マスクをしても色移りがほとんど気になりません。

上の画像の赤丸で囲った部分に「うっすらと色が付いているかな?」という程度です。そして、飲食をしても落ちにくいのも嬉しいです。

(結果)落ちにくさ最強! ジュワッと色付く可愛さ満点の韓国コスメ

落ちにくさで定評のある3つをピックアップしましたが、結果1番落ちにくいのは「ロムアンド ジューシーラスティング」でした。

マスクで落ちにくいかどうか検証するにはマスクの形状にも左右されるところはありますが、参考にしていただけると幸いです。

カラーや発色も参考に自分に合うティントリップを見つけてください。

※価格はすべて税別

遠藤幸子

遠藤幸子

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告なども手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。公式サイト『アンチエイジング ジャーナル』