運動部顧問の旦那は、夏休みがない?!「部活未亡人」が手を組む日がやってきた!

運動部顧問の旦那は、夏休みがない?!「部活未亡人」が手を組む日がやってきた!

最近、話題になった「部活未亡人」という造語を、ご存じでしょうか?

旦那が教職で、授業のない放課後や週末も、部活に拘束されることで、めったに休日がとれず、自宅のことは妻にまかせっきり。
まるで旦那に先立たれてしまったかのように、ワンオペで育児に奮闘する妻を「部活未亡人」というそうです。

働き盛りで多忙な旦那を持つ人であれば、教職でなくとも共感してしまう「部活未亡人」の生活。そんな生活を変えようと立ち上がった女性がいました。

中学教員の旦那を持つ友人は、まさに「部活未亡人」。

年配教員に比べると、30代の旦那はまだ若手扱いで、体力もあるため、2つの運動部の顧問を兼任していました。
そのため、放課後は部活の練習に付き合い、部活が終わってから、授業や試験の準備をするため、毎日深夜に帰宅。

さらに週末は、2つの部活が交互に試合を組むため、毎週末、試合の付き添いに駆り出されています。
土曜日はほとんど部活で、日曜日に休めるのは月2回ほど。
土日連休をとれるのは、二ヶ月に一度という有様でした。

こうした生活は、旦那が20代で教員になってはじまり、デートの予定が部活でつぶれてしまうことも、何度ともあったのです。

結婚前、彼女はそんな生活に不満を感じていましたが、「彼は、生徒のために仕事を頑張っているんだから、私も応援しなくちゃ・・・」と我慢していたそう。

結婚後、二人の子どもに恵まれ、ワンオペで育児と家事に奮闘し、産休育休が終わって、彼女自身の仕事もはじまった時、平日はもちろん、休日まで不在の旦那に対し、徐々に不満が蓄積していきました。

彼女の願いは、夜は家族揃って夕飯を食べ、週末は家族でお出かけする些細なもの。

ですが、部活に忙殺される旦那は、生徒のフォローに追われ、自分の子供にほとんど関わっていないのでした。

昨年の夏のこと。
彼女は、旦那の仕事スケジュールを見て愕然としました。

旦那の夏休みは、お盆休みの3日間だけ。
その他の土日は、部活の合宿や試合、練習で埋め尽くされていたのです。

関連記事

ファンファン福岡の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索