注意! 女性ホルモンの減少が女性の“オス化”を促進?!

女性ホルモンのバランスを大切に


不規則な生活をしていたり、無駄にイライラする、肌荒れなどを感じている方、要注意です。
もしかしたら女性ホルモンのバランスが崩れているかもしれません。

そもそも女性ホルモンとストレスはとても密接な関係にあり、ストレスを感じていると女性ホルモンの分泌が減少することが多いのです。
たとえ生理が規則的に来ていたとしても女性ホルモンの分泌は乱れているなんてことがありますので注意が必要です。

女性ホルモンとは?


まず「エストロゲン」という肌や髪の新陳代謝を促し、ハリやツヤをキープしたり、バストを豊かにして「クビレ」をつくり、女性らしい体にする「美担当ホルモン」があります。

もう1つは「プロゲステロン」といい、子宮内膜を厚くふかふかにしたり、体温をあげるなど妊娠を維持するために働く「母なるホルモン」です。

この2つのホルモンが定期的に分泌され、心身が安定しているのがホルモンバランスが整った状態といえるでしょう。
不規則だったりどちらか一方が優位な状態に振り回されることを「ホルモンバランスが悪い」とされます。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンを乱す原因となるものは?


少し前述しましたが、大きいものはやはりストレスでしょうか。
ストレスと一言でいっても個人差があるのですが、
具体的には、
・過度なダイエット
・不規則な生活(暴飲暴食、働きすぎ、寝不足など)
・精神的な要因    
などが挙げられます。

“無理をしているな〜”と心で感じた時は女性ホルモンの分泌も乱れているということがありますので気を付けましょう。

女性ホルモンの乱れが与える悪影響


脳:アセチルリコンなどの神経伝達物質が減り、神経保護機能も衰えて認知機能が低下。
髪:頭皮のコラーゲンや潤いが損なわれ、血流も悪化。抜け毛や細りの原因に。
肌:コラーゲンの生成量が減って肌の弾力が低下、保水力が落ち潤いダウン。たるみやシワに。
血管:血管のしなやかさが失われ、脂質代謝悪化、動脈硬化のリスク増加。
体脂肪:代謝が落ち、皮下脂肪より内臓脂肪がつきやすくなるためお腹が出てくる。
口腔:あごの骨がもろくなり、口腔内の免疫力が落ち、細菌が繁殖しやすくなる。
膣:うるおいが失われて萎縮し、抵抗力も落ちるので膀胱炎や性交痛のほかかゆみも。
骨:骨粗しょう症のリスクがアップ。
関節:関節を動かす潤滑油的な働きが減ることで関節炎がおこりやすくなる。



女性らしいボディラインと抜け毛、ポッコリお腹など。
“オス化”が進む前にあなたなりのストレス解消法を見つけましょう!



関連記事

おすすめ情報

美BEAUTEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索