クレンジングが肌に与える負担って?乾燥肌に合ったメイク落としを!

クレンジングが肌に与える負担って?乾燥肌に合ったメイク落としを!

クレンジングが肌の乾燥を深刻にさせる原因って?


クレンジングが肌に与える負担って?乾燥肌に合ったメイク落としを!

クレンジングが肌に負担をかけることを知っている方が多いと思いますが、そもそもその理由は何なのでしょうか? クレンジングが肌に影響を与える原因は、摩擦と洗浄成分によるものだと言われています。

クレンジングをする際、メイクをしっかり落としたいからといってゴシゴシ擦ったり、クレンジングの量が少ないと肌に摩擦をあたえて水分をキープする働きがある角質層を傷つけてしまうことも。肌が濡れた状態だと、より角質層がふやけやすくなっているため必然的に肌に負担をかけてしまうのです。

クレンジングのほとんどは、油分を水分に溶かすための界面活性剤が多く使われています。界面活性剤は濃いアイメイクや、リップメイク、リキッドファンデーションなどの厚塗りベースメイクをしっかり落としてくれる役目がありますが、肌の保湿をしてくれる角質層にあるセラミドなども洗い流してしまうようです。

乾燥肌の方はとくにクレンジングに気を使うべし!


クレンジングが肌に与える負担って?乾燥肌に合ったメイク落としを!

クレンジングをするときの摩擦や界面活性剤などの洗浄成分により、乾燥肌が深刻になってしまいがちですが、正しい使い方をすれば大丈夫!クレンジングの基本は、肌への負担を最小限に抑えながらしっかりメイクを落とすことです。

洗浄力が弱いクレンジングは肌に優しいイメージがありますが、メイクが落ちにくく、強く擦ってしまっては逆効果。擦らずにしっかりメイクを落とすためにも、短時間で落とせる洗浄力が高いミルククレンジングを選ぶといいでしょう。

アイメイクやリップメイクなどの濃いポイントメイクは、ポイントリムーバーを綿棒やコットンに含ませて先に落としておき、そのあとミルククレンジングでベースメイクを落とすことをおすすめします。ポイントリムーバーは洗浄力が高く乾燥しやすいため、目元にオイルやワセリンを塗って保護しながら落としていくと肌への負担を軽減できますよ。

メイクをした日はクレンジングが必要不可欠ですが、週に1〜2回ほどはメイクをお休みする日を設けたり、石鹸で落とせるミネラルコスメを使えば、クレンジングでメイクを落とさずに済みます。乾燥が気になる時や肌の調子がなんだか悪いと感じた時に試してみてくださいね。

肌のことを第一に考えたクレンジングで美肌へ!


クレンジングは欠かせないアイテムですが、自分の肌に合ったものやパーツごとに適したクレンジングを選んで、擦らず丁寧にメイクを落としていきましょう。

クレンジング後の保湿ケアもすぐに行って、デリケートなお肌を第一に考えたスキンケアをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ情報

美BEAUTEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索