紫外線よりも怖い!?「ブルーライト」が美容に及ぼす影響とは?

紫外線よりも怖い!?「ブルーライト」が美容に及ぼす影響とは?

「ブルーライト」ってどんなもの?美容にどんな悪影響を与える?


紫外線よりも怖い?!「ブルーライト」が美容に及ぼす影響とは?

健康や美容に、様々な悪影響を及ぼすと言われている「ブルーライト」。パソコンやスマホ、テレビなどから大量のブルーライトが出ており、LED照明やLEDディスプレイにも含まれているので、私たちは一日を通して非常に多くの「ブルーライト」を浴びていると言えます。

ブルーライトとは、目に見える光の中で最も波長が短く、紫外線に非常に近い、強いエネルギーを持つ「青色光」のことです。ブルーライトを浴び続けることで、以下のような影響があると言われています。

■肌荒れ・肌の老化
「ブルーライト」を浴びると、「メラトニン」という睡眠に深く関係するホルモンの分泌が低下し、体内時計が狂いやすく、自律神経が上手く働かなくなる為、睡眠の質が悪くなると言われています。睡眠の質が低下すると、血行や肌のターンオーバーが乱れたり、肌荒れや肌の老化に繋がったりするでしょう。

■色素沈着・シミ
ブルーライトは、直進する性質を持ち、紫外線B波よりも肌の奥まで入り込み、色素沈着を引き起こすことから、「第3の紫外線」と呼ばれます。約1時間浴びるだけで、色素沈着やシミの原因になると言われています。

■老化
ブルーライトは、肌を酸化させ、老化の原因となる「活性酸素」の生成を促します。コラーゲンを減少させ、シワやたるみの原因になることも。

■太る
スマホやパソコン、テレビを見ながらの食事は、満腹感を得にくく、食べ過ぎの原因にも。また、ブルーライトが原因の睡眠不足で、代謝が下がり、太ってしまうことがあるそうです。

その他にも…
■自律神経の乱れによる、精神的ストレス 
■眼精疲労 
■目の下のクマ 
などがあると言われています。

簡単に出来る!「ブルーライト」対策とは?


紫外線よりも怖い?!「ブルーライト」が美容に及ぼす影響とは?

なるべく避けたい「ブルーライト」ですが、現代人が完全にブルーライトをカットすることは、不可能に近いと言えます。しかし、少しの心掛けで軽減することは出来るでしょう。

◎パソコンやスマホの明るさを1/3程に抑える
◎ブルーライトをカットする眼鏡を使用する
◎就寝前2,3時間は、ブルーライトを浴びないようにする
◎長時間ブルーライトを浴びないよう、1時間に15分は休憩する
◎ブルーライト対策コスメを活用
◎休日はなるべくブルーライトを浴びないようにする


パソコンやスマホは、私たちの生活に欠かせない存在です。「ブルーライト」が美容や健康に与える悪影響を理解した上で、上手く付き合っていくことが大切です。今すぐ実践出来る対策もありますので、さっそく心掛けてみてください!

関連記事

おすすめ情報

美BEAUTEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索