眼が乾く!スマホの見過ぎが引き起こす「ドライアイ」はどう防ぐ?

眼が乾く!スマホの見過ぎが引き起こす「ドライアイ」はどう防ぐ?

眼に違和感が!ドライアイになる原因とは?


眼が乾く!スマホの見過ぎが引き起こすドライアイはどう防ぐ?

そもそもドライアイとは、どのような状態を指すのでしょうか?涙の分泌量が少なかったり、あるいは涙の質が良くなかったりと、眼の表面を潤す水分が十分でない状態のことを「ドライアイ」と言われています。

症状としては、眼の乾燥、異物感や眼の痛み、さらには眼の疲れなどがあり、これらの症状が慢性的に眼の不快感を与えているそう。また、視力の低下につながる可能性もあるとされています。

原因は考えられる要素がたくさんありますが、パソコンやスマホの画面を見る時間が長いことは原因のひとつですし、コンタクトレンズを使用している人も割合が多いようです。また、年齢を重ねると眼の水分は少なくなり、涙の質も低下していくとか。特に女性はホルモンバランスによる、自律神経の乱れが原因になることもあります。

ドライアイが女性に多いもう一つの理由に、アイメイクによる涙の質の低下があります。まつ毛の生え際には、マイボーム腺と呼ばれる涙に油分を与えるための皮脂腺があるのですが、ここをアイメイクで塞いでしまうことがあるというのです。

涙は水分、油分、ユチンの3つからできていて、アイメイクはこのなかの油分の分泌を抑えてしまうそうです。

眼を守ろう!ドライアイ予防はどうする?


眼が乾く!スマホの見過ぎが引き起こすドライアイはどう防ぐ?

ドライアイは疲れ眼はもちろん、肩こりやだるさなどの様々な症状がでてくる可能性があり、適切に対処する必要があります。

パソコンやスマホの画面を長時間見ることが多い人は、画面との距離を少し離しましょう。あまり近すぎると、眼は常にピント調節をしている状態なので負担がかかりやすいです。

また、まばたきの数を意識的に増やすことも効果的です。単純なのですが、スマホや読書、運転中はまばたきの数が減ってしまう傾向があり、眼が乾きやすい状態に。ドライアイ予防にまばたきはとても大切なのです。

眼の周りをマッサージしたり、蒸しタオルで眼を温めるのも保湿効果が高まるのでおすすめです。さらに眼に良いとされるアントシアニンを含むカシスやブルーベリーを摂取するのも効果的でしょう。

できるだけ普段から眼に負担をかけ過ぎないように心がけて、ドライアイを予防しましょう。

関連記事

おすすめ情報

美BEAUTEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索