「ウェアハウス川崎店」11月17日に閉店 “電脳九龍城”14年の歴史に幕

「ウェアハウス川崎店」11月17日に閉店 “電脳九龍城”14年の歴史に幕

神奈川県川崎市の大型アミューズメント施設「ウェアハウス川崎店」が11月17日をもって閉店することが決まった。


ウェアハウス川崎店はアーケードゲーム、ダーツ、卓球、ビリヤード、ネットカフェを備えた大型アミューズメント施設で、2005年12月にオープン。レトロゲームを多く取り揃え、“電脳九龍城”と呼ばれる凝った内装でも人気を博していた。店に掲出されたお知らせでは、「誠に勝手ながら、当店は諸般の事情により11/17をもちまして閉店させて頂くこととなりました」と告知。「永年にわたり、ご愛顧いただきました皆々様に、スタッフ一同心より深く御礼申し上げます」と感謝の言葉が記されている。また、アミューズメント施設で預かっているメダルの使用期限は、「最終営業日まで」としている。


ウェアハウス川崎店を運営するゲオに確認したところ、閉店の理由は業務上の理由で収益面の問題ではないとのこと。現時点では移転などの計画はないとしている。


関連記事

BIGLOBEニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る