11月発売のプレイステーション5の予約が18日開始された。ビックカメラやヤマダ電機などのオンラインショップでは抽選予約だが、Amazonでは予約販売。Amazonでは購入を確定できるというメリットを逆手にとり、希望小売価格3万9980円のデジタル・エディションに1桁加えた29万5000円から47万6000円といった価格で複数出品されており、Twitterではこれらを「間違えて予約注文」してしまったという声が多数投稿された(12時45分時点は、これらの商品は削除済みかカートに入らないようになっている)。


高額出品されたプレイステーション5には、「注文確定後、注文をキャンセルすることができません」などの記載。このため注文してしまったという報告では、Amazonカスタマーサービスに連絡し、間違えたことを伝えて「キャンセルしてもらった」というコメントも多く寄せられている。


ソニーストアでは、抽選販売が23日から開始される。ただ、購入できるのは、「2020年9月17日(木)までにソニーストアでMy Sony IDを利用した購入履歴のある方」と対象者を限定。さらに、「抽選販売への応募は1世帯1名様に限定」「転売目的でのご購入はご遠慮ください。お名前・ご住所・ご連絡先を登録いただける方への販売」との注意事項も設けられている。