絵本“萌え絵論争”に出版社苦慮 「子ども自身が飛びつく絵を」と発注、「なぜ萌え絵にしたのか」と問い合わせ多く

絵本“萌え絵論争”に出版社苦慮 「子ども自身が飛びつく絵を」と発注、「なぜ萌え絵にしたのか」と問い合わせ多く

絵本や児童書にアニメ風の“萌え絵”を使うことが議論を呼び、河出書房新社の絵本「せかいめいさくアニメえほん」が注目を集めている。河出書房新社は、「なぜ萌え絵にしたのか」との問い合わせが多く対応に苦慮しているとして、Twitterで背景を説明した。


河出書房新社によると、「せかいめいさくアニメえほん」は「今の子が大好きな絵で名作を読んで本好きになってもらう」というコンセプトで立ち上がった企画。制作にあたっては、漫画家の上北ふたご氏に「子ども自身が飛びつく絵を」と発注したという。そのため、「なぜ萌え絵にしたのか」という問い合わせがあっても、そもそも「萌え絵を描いてください」と依頼していないことから困惑。回答しても理解してもらえず苦慮しているという。


河出書房新社の一連のツイートには、「手の届くところに子供自身が興味を持てる本があるのは何にも代え難いと思います」「絵本は子供たちのための本なんだから時代時代の流行の絵になるのは当然だと思います」「当世的な絵柄であって、萌え絵と一緒くたに言われるのに疑問があります」といった応援の声が多数。一部では、「細部まで書き込まれ過ぎイマジネーションの余地が無くなるような違和感」という意見も寄せられている。



関連記事

BIGLOBEニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索