川商フーズは15日、「ノザキのコンビーフ」を始めとした台形の「枕缶」に入った商品の販売を終了すると発表した。パッケージをアルミック製に変え、3月16日にリニューアルする。


「ノザキのコンビーフ」は、国産コンビーフの第一号として1948年に発売。2年後に現在のパッケージとなり約70年間、台形の缶詰として親しまれてきた。しかし、70年経ったことで「製造ラインに限界」が来ていること、「コンビーフにしか使われない特殊な缶型」であることから、「枕缶」での販売の終了を決めたとしている。


これに伴い、3月16日からは「アルミック缶」の新しいパッケージにリニューアルして販売。新パッケージの「アルミック缶」はバリア性に優れ、賞味期限を3年から3年6ヶ月に延長。開けやすいシール蓋を採用している。また、現行の100グラムは量が多いという意見を受け、使い切りやすい80グラムに内容量を変更。希望小売価格は410円から395円に改定する。