来月発売のトヨタ新型カローラ、全貌を独自入手…総額255万円でも買い?セダン難民を救う?

来月発売のトヨタ新型カローラ、全貌を独自入手…総額255万円でも買い?セダン難民を救う?

 9月17日に正式デビュー予定となっている、トヨタ自動車の新型「カローラ」(セダンおよびツーリング<ステーションワゴン>)の一部車両価格情報が入ってきた。まずは、以下を見てもらいたい。

【新型カローラ車両価格の一部】(2WDで税込みとされる、独自に得た情報による)

【セダン】

●ガソリン
1800cc(CVT)
G-X    ZRE212-AEXNP  1,900,800円
S      ZRE212-AEXEP  2,100,600円
W×B   ZRE212-AEXSP  2,273,400円

1200ccターボ(6MT)
W×B   NRE210-AEFSE  2,365,200円

●ハイブリッド
G-X    ZWE211-AEXNB  2,359,800円
S      ZWE211-AEXEB  2,527,200円
W×B   ZWE211-AEXSB  2,700,000円

【ツーリング】

●ガソリン
1800cc(CVT)
G-X    ZRE212W-AWXNP 1,976,400円
S      ZRE212W-AWXEP 2,176,200円
W×B   ZRE212W-AWXSP 2,323,000円

1200ccターボ(6MT)
W×B   NRE210W-AWSE 2,423,800円

●ハイブリッド
G-X    ZWE211W-AWXNB 2,435,400円
S      ZWE211W-AWXEB 2,602,000円
W×B   ZWE211W-AWXSB 2,748,600円

 この価格情報を基に、1800ccガソリンエンジンを搭載する“セダンS”グレードで試算してみると、消費税8%で諸費用込みでの現金支払い総額は約255万円となった。

 これは、車両本体価格に加えて、ディスプレイオーディオのモニターサイズを7インチから9インチへ、メーターを一般的なアナログ式からTFTマルチインフォメーションディスプレイ内蔵オプティトロンメーターなどのメーカーオプションや、さらにフロアマット、サイドバイザーなどアクセサリーを追加で装着した仕様となっている。

 そして、まったく同条件とはならないものの、限りなくオプション装着で仕様を近づけた、現行カローラ・アクシオ1.5Gの現金支払い総額は約234万円となり、その差額は約21万円となった。ある事情通は以下のように語る。

「21万円の価格アップと聞くと、『かなりアップしているなぁ』と感じる人も多いかもしれませんが、排気量が1800ccとなり、新規プラットフォームを採用した3ナンバーボディになったことを考えると、思っていたより価格アップは抑えられている印象を受けます」

 今は日本でもローンでの新車購入が目立っており、無理のない範囲で頭金により価格アップ分を調整して残価設定ローンを組めば、前述したカローラ・アクシオ1.5Gでのローンプランに対して、前述した条件での新型カローラ・セダン1.8Sでも、月々の支払い額ベースでは少し上乗せした程度に抑え込むことが可能となっている。

 価格が上昇しても、新型カローラ・セダン&ツーリングは買い得感があるかどうか。実際にインテリアの質感を見たりステアリングを握って走らせてみたりしないとわからない部分も多いが、すでに取り扱っているカローラ店のセールスマンの一部は、代表としてプライベートコースで実車を見たという。そこで、購入希望客を装い店頭を訪れて話を聞くと、「3ナンバーへのサイズアップは、3代目プリウス程度のように見えました。内外装の質感は高く、走らせてみても明らかに現行モデルより走行性能が向上しているのはわかります。販売する自分も欲しくなってしまいました」とのこと。

 セールストークなので話半分で聞いたとしても、クルマとしてはそんなに悪くないようだ。

“セダン難民”を取り込むトヨタの狙い

 カローラのフルモデルチェンジにより、伝統的な5ナンバーファミリーセダンはホンダ「グレイス」など、さらに限定的となる。しかし、グレイスは新興国向けセダンとなる「シティ」の日本市場版なので、“伝統的”という表現は必ずしも似合わない。トヨタ「プレミオ」&「アリオン」もあるが、こちらはかなりの“ご長寿モデル”となっている。

 3ナンバーとなるカローラには批判的な声も聞かれるが、昭和の時代にカローラが担っていた“ファミリーカー”という存在は、今や軽自動車、コンパクトハッチバック、ミニバンが担っている。日本だけでなく世界市場でもSUVの人気が高く、もともとセダンの強いマーケットでもセダンの販売に苦戦しているのが現状だ。日本国内に話を戻せば、それでもトヨタはセダン販売で健闘しているが、ほかの日系メーカーは“とりあえず販売しています”程度で、セダンはスポーツクーペと並ぶほど、今や趣味性の高さが目立つモデルになってきているともいえる。

“乗りたいセダンが新車で見つからない”という現状のなかで、年式の古いセダンに乗り続けている人も多い。今でも、街なかでトヨタ「マークII」などを見かけることは珍しくない。つまり、セダンに長いこと乗り続けているが、現行ラインナップで選択すべきセダンがないために新車へ代替えできない、“セダン難民”といっていいような人が意外に多くいるものと考えられる。

 トヨタ「クラウン」という選択肢もあるが、やはりまだまだ“別格”という印象が強い。長い間タクシー車両として使われていたこともあり、クルマへの関心が薄い現代でも絶対的な知名度とステータスがあるため、おいそれとは代替えできないケースも目立つようだ。

 カローラのフルモデルチェンジには、新規にセダンを投入するほど販売は期待できないので、カローラを“格上げ”することでセダン難民を一気に、しかも広範に取り込もうとするトヨタの狙いも見え隠れする。クラウンと異なり、カローラには“大衆車”のイメージが定着している。現行カローラ・アクシオ&フィールダーは、それまで脈々と上級移行してきたカローラについて、国内仕様ではユーザーの高齢化を意識して、“原点回帰”としてサイズダウンしてまで実用性が最優先で追求された。

 一方で海外仕様は日本仕様とは異なる進化を続け、日本で現行アクシオがデビューすると、日本仕様とはまったく異なるモデルがラインナップされていた(すでに北米や中国など海外の主要市場を中心にモデルチェンジが日本より先に進んでいる)。次期型もグローバルモデルに比べて全長や全幅を縮めるなど、“国内専売ナローボディ”とはなるものの、現行アクシオ&フィールダーのように名前だけ同じというのではなく、グローバルモデルの流れをくんでいるので、ある意味“正常進化”に戻ったといってもいいのである。

新型カローラの価格設定に見え隠れする事情

 カローラの属するCセグメントセダンでは、ホンダ「シビック」が格上のDセグメント並みのボディサイズや走行性能、質感を備えて世界各地で大ヒットしたことが世界のライバルメーカーに衝撃を与えた。それ以降、フォルクスワーゲン「ジェッタ」も、現行モデルではサイズアップするだけでなくデジタル計器盤を採用するなど、質感アップを行っている。今年春に中国でデビューした日産自動車の新型「シルフィ」も兄貴分の「アルティマ」と見間違うほどになっている。

 ある意味、カローラのフルモデルチェンジも、このグローバル市場でのCセグメントセダンの“なんちゃってクラスアップ”のようなトレンドに沿ったものと考えられる。事実、トヨタは世界市場で“ライバルより少し上の層を狙う”クルマづくりを進めてきているという。

 日本では、もはやカローラのようなコンパクトセダンはファミリーカーとしての役目を事実上終えた。そのため、メーカーとしては趣味性を高めるためにも“ぜいたく志向”を高め、一定以上の販売台数は期待できないので、台当たり利益も上げたいところだ。日本で圧倒的な販売シェアと販売力を持つトヨタだからこそできる、新たなチャレンジ。次期型カローラの価格設定からは、そうした事情も感じ取ることができる。

(文=前之橋三郎/ジャーナリスト)


関連記事

Business Journalの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索