アマゾン、独自で国際的巨大配送網を構築か…国際的物流会社に匹敵

アマゾン、独自で国際的巨大配送網を構築か…国際的物流会社に匹敵

 米国で注目される企業に、アマゾンがある。日本をはじめとする各国に進出しており、流通業界を非常に素早いスピードで変革していく存在として、恐れられてもいる。

 直近では、米国の高級スーパーチェーン、ホールフーズ・マーケットを買収した。その意味合いは、「アマゾンが、全米450カ所の高いブランド価値を持ち、それぞれ収益を上げている、冷蔵庫付き食料品流通拠点を手に入れた」と解釈することができる。

 オンラインの書店として出発したアマゾンは、電化製品、アパレルなどへとその守備範囲を広げ、ついには生鮮品まで配送してくれるようになった。また、人工知能を活用したスマートスピーカー「Amazon Echo」は、業界を牽引する存在となった。

 加えて、ドローン配送「Prime Air」、無人食料品店「Amazon Go」など、物流やショッピングと最新のテクノロジーの組み合わせを次々に打ち出していくアマゾンは、テクノロジー業界だけでなく、流通の世界からも注目を集めている。

●Prime Dayを成功させた

 そんなアマゾンには、「Prime」という会員制のサービスがある。特に米国では、小さな包装ひとつに10ドル以上かかることも少なくない配送料が無料になることから、アマゾンで年間6〜10点の買い物をするなら、年会費99ドルのPrimeメンバーシップに入ったほうがいいというコスト感覚がある。

 調査によると、Amazon Primeの会員は8500万人を突破したという。2015年6月からの2年間で倍増しており、16年6月から35%増加した。

 一会員当たりの平均消費額は年間1300ドルで、非会員の700ドルの倍近い数字となっている。前述のように、会員からすれば、どんなに小さな金額でも年に6〜10点以上の買い物で回収できるコストと解釈しているが、結果としてアマゾンでの消費に大きく貢献していることになる。

 そんなPrimeメンバー向けのオンラインセールイベント「Prime Day」が、今年も米国東部時間7月10日午後9時から30時間にわたって開催された。3回目となるPrime Dayでは、通常の利益の4倍を計上したとも見積もられている。

 米国では「第2のブラックフライデーになる」として、夏のシーズンの消費の山をアマゾンがつくり出しているとの分析もある。ブラックフライデーとは、11月末の感謝祭の翌日に行われる大セールのことで、いわゆるホリデーシーズンの消費が盛り上がる初日ともいわれている。

 そうした習慣に匹敵する消費喚起をアマゾンがつくり出していることは、同社の影響力を知る良い材料といえるだろう。

●日本の物流を揺るがす問題と米国での対処

 アマゾンでのオンラインショッピングの需要の高まりに比例して拡大しているのが、配送の問題だ。日本ではヤマト運輸が当日配送を縮小するなど、流通の現場からの悲鳴の声が大きくなってきた。

 そもそもの前提として、日本の配送サービスは、米国のそれとは比べものにならないほど品質が高い。言い換えれば、米国に引っ越してきて、常に配送サービスの質の低さに怒りを覚えることが多かった。

 配送料金が高い割には、配送には3日以上の日数を要する。また、不在の場合は「ドアタグ」といわれる不在票がエントランスに貼り付けてあるのだが、その指示がうまく伝わらなかったりすることも多い。また、エントランスに荷物を置いていくこともあるが、冷蔵や冷凍で運ばれてきた生鮮品も同様の扱いだ。

 そして誤配もよく起きる。その際にはアマゾンに問い合わせれば、改めて品物を送ってくれるが、誤配はある程度織り込み済み、ということなのだろう。筆者も昨年は2回ほど、届かなくて問い合わせたことがあった。

 米国でも基本的には宅配物は受取人の署名とともに配達完了となるのは日本と同じだ。しかしオンラインショッピングの流通量が増えて、安全な場所に置く、もしくは持ち帰る、というオペレーションに変化しているのだ。

 日本の配送業者のサービスは素晴らしい。しかしその仕組みを維持できるほどアマゾンをはじめとするオンラインショッピングの流通量はなまやさしくない、より厳しくなる、そんな将来像を示唆しているようだ。

●バークレーでは独自配送が増えた

 アマゾンも配送に関して、対策に乗り出している。

 筆者が住むカリフォルニア州サンフランシスコ郊外の街、バークレーには、アマゾンの物流拠点が設置され、同社のステッカーが貼られた配送トラックが街を巡回するようになった。つまり、独自の配送システムを導入したということだ。これまではOnTracやUSPS(米国の郵便サービス)といった業者の配送が多く、現在でも併用されている。

 街の中に物流拠点が設置されたことで起きた変化は、その拠点に在庫があるものに関しては、1日で配送されてくるようになった点だ。Amazon Prime会員であっても、2〜3日が最速だったこれまでと比較しても、大幅な配送時間の短縮である。

 バークレーの拠点にどんな在庫があるかを理解するほどオーダーしていないが、日用品などの小物は早く、比較的大きなものは今まで通りの時間がかかる。そんな差異を見いだすことができる。

 これまでの大規模な拠点を中心とした配送から、小規模な地域の配送システムへの移行は、アマゾンが現在行っている流通の改善のひとつの方策といえる。ホールフーズ・マーケット買収についても、そうしたマイクロセル型の物流システムを裏付けることになるし、ドローン配送についても、さすがに100kmも空を飛ばして配送するわけにはいかないわけだ。

 しかし、アマゾンは配送関連で年間50億ドル規模の赤字を出している。これは米国大手の物流企業の投資額に匹敵しており、独自の配送網を構築していく投資を行っていることが、決算からも、実際のアマゾンの物流の変化からもうかがうことができる。

 当面は米国を中心として、独自の配送網を築いていくことになると考えられるが、一度モデルができあがってしまえば、日本やその他の国々へと展開していくことになる。まだ時間がかかるが、アマゾンがフェデックスやUPSのような国際的物流網を手に入れる日が訪れると予測できる。
(文=松村太郎/ITジャーナリスト)

関連記事

Business Journalの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索