ニトリ、絶対に買うべき夏物グッズベスト3!お買い得度ハイパー神!

ニトリ、絶対に買うべき夏物グッズベスト3!お買い得度ハイパー神!

 家具・インテリア業界で年々存在感を増しているのが、「お、ねだん以上。」のキャッチコピーでお馴染みのニトリだ。

 そのニトリを展開するニトリホールディングスは、2019年2月期通期の連結業績で、売上高6140億円(前期比7.3%増)、営業利益990億円(前期比6.0%増)と、32期連続の増収増益を見込んでいるほど絶好調。直近の数字を見ても、18年5月度の国内の既存店売上高が前年同月比5.9%増となっており、こちらは2カ月連続で前年を上回っているなど、驚異の躍進を続けている。

 現在は中国での出店計画も推し進めており、22年には中国で200店舗、32年には1000店舗達成を目指しているというから、なんとも景気がいい。

 業績的には死角のなさそうに見えるニトリだが、実際に商品ひとつひとつは、キャッチコピーどおり、値段以上の価値があるといえるだろうか。そこで、現在ニトリで販売されている夏物グッズに注目して、使い勝手や価格、デザイン性などの観点から「買うべき夏物グッズ」を3つピックアップしたので、理由とともに紹介していきたい。

●ニトリの買うべき夏物グッズ3選

 ニトリの買うべき夏物グッズとしてセレクトしたのは次の3つだ。ニトリのアイテムは、基本的には値段に対してのクオリティーが高く、もともと“ハズレ”が少ないが、そのなかでもオススメの品がこちらだ。

【買うべき夏物グッズ1】:冷感低反発枕(ダブルクール)/3695円(税別、以下同)

 快眠が仕事のパフォーマンスを上げるというのは、いまやビジネスパーソンの常識だが、そんな睡眠の質向上を助けてくれるのが、ニトリが夏グッズのなかでも特に“パワープッシュ”している「Nクール」シリーズの枕だ。

 冷感ウレタンと接触冷感カバーのダブル効果で、冷涼感を持続させるのが特徴の商品だ。冷感材を染み込ませたウレタンフォームによる冷たさのキープ力に驚かされる。

 その冷たさを試せるように、店内で展示している店舗も多いため、もし店内で見かけたら、ぜひその冷たさを体験してみてほしい。

【買うべき夏物グッズ2】:ステンレスタンブラー ダイア(280mL)/740円

 最近、ビールを飲むときは、ジョッキではなくこういったステンレスタンブラーを好む方も増えていることだろう。そんな流行のステンレスタンブラーを、この価格で購入できるというコスパの高さが“買うべき”最大の理由である。

 こちらはステンレスが二重構造になっており、本体内側と外側の間は真空構造。そのため、外部からの熱が内部に伝わりにくくなり、ビールなどの冷たさを長時間キープできる。

 また、このダイア柄は定番で、よくも悪くもさまざまなブランドのステンレスタンブラーで見かける王道デザインだ。しかし、もし有名ブランドで類似のステンレスタンブラーを購入しようとすると、倍以上の額になることもザラにあり、ニトリのお買い得感は強い。

【買うべき夏物グッズ3】:竹ラグ(ナインH 120×180)/2769円

 竹の敷物といえば、緑色で純和風なイメージがあるかもしれないが、シックなブラックベースのものもあり、洋風な部屋にもハマる。当然、和モダンな雰囲気の居室とも相性がいい。

 なにより、自然素材・竹製のラグだから、ひんやりとした触感が夏にぴったりだ。竹が本来持つ抗菌、除菌、消臭効果があるのもポイント。気だるい夏の午後も、ほのかに漂う竹の香りを鼻で感じながらゴロゴロすると、涼を感じられるのではないだろうか。

 ちなみに、多少乱暴に扱っても傷つきにくい強度があり、折り畳んで持ち運べるため、気軽に季節の模様替えができるのもありがたい。

 さて、次回は反対に、「ニトリの買ってはいけない夏物グッズ3選」を紹介する。
(文=A4studio)


関連記事

Business Journalの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索