ニトリ、買ってはいけない夏物グッズワースト3!うーん…ダサい!

ニトリ、買ってはいけない夏物グッズワースト3!うーん…ダサい!

 家具・インテリア業界で年々存在感を増しているのが、「お、ねだん以上。」のキャッチコピーでお馴染みのニトリだ。

 そのニトリを展開するニトリホールディングスは、2019年2月期通期の連結業績で、売上高6140億円(前期比7.3%増)、営業利益990億円(前期比6.0%増)と、32期連続の増収増益を見込んでいるほど絶好調。直近の数字を見ても、18年5月度の国内の既存店売上高が前年同月比5.9%増となっており、こちらは2カ月連続で前年を上回っているなど、驚異の躍進を続けている。

 現在は中国での出店計画も推し進めており、22年には中国で200店舗、32年には1000店舗達成を目指しているというから、なんとも景気がいい。

 業績的には死角のなさそうに見えるニトリだが、実際に商品ひとつひとつは、キャッチコピーどおり、値段以上の価値があるといえるだろうか。そこで、現在ニトリで販売されている夏物グッズに注目して、使い勝手や価格、デザイン性などの観点から「買ってはいけない夏物グッズ」を3つピックアップしたので、理由とともに紹介していきたい。

●ニトリの買ってはいけない夏物グッズ3選

 ニトリの買ってはいけない夏物グッズ。3つのうちの2つは、選んだ理由はズバリ、「ダサいから」。機能性や価格などには問題ないが、ニトリのデザインセンスには「?」が付くものもあるので注意してほしい。

【買ってはいけない夏物グッズ1】:スニーカーサンダル/499 円

 ゴム素材のサンダルを、ローカットスニーカーのようにデザインしたこちらのスニーカーサンダル。店舗によってはレジ近くのスペースに陳列するなど、今夏の夏物グッズの中でニトリが推しているほうの部類に入っているようだ。

 だが、いかんせん「ダサい」のが玉に瑕。センスや好みは人それぞれのため、このデザインがかっこいいと思う方もいるだろうが、おそらくあまり女性ウケはしないだろう。

 実は「スニーカーサンダル」は一部の若者たちに流行しているアイテムであり、さまざまなブランドが「スニーカーサンダル」を発売している。しかし、ネットで「スニーカーサンダル」と画像検索してもらえれば一目瞭然だが、このニトリ製のものとは全く別物ともいえるスタイリッシュな商品の数々がヒットするはずだ。

 つまり、“最近スニーカーサンダルが流行っているらしい”と噂を耳にし、このニトリのスニーカーサンダルを履いて街に繰り出すと、恥をかいてしまう可能性が高いのである。

【買ってはいけない夏物グッズ2】:インテリアドアストッパー(アンカー)/1380円

 碇の形をしたドアストッパーで、部屋をマリンテイストにしたい人をターゲットにした商品であることはわかる。

 ドアストッパーとは、文字通りドアを開放したままにしたいときに使うストッパーだが、こちらは実際にそのような用途で重宝するというよりは、オブジェとしての要素が強い商品だろう。

 そう考えると、この“碇型のオブジェ”は、悪い意味で“トレンディドラマ全盛期の90年代”の雰囲気を醸し出しており、微妙にダサいように感じる。

 実は、ニトリではこのようなマリンテイストのインテリアグッズを多数ラインナップしており、もちろん中には部屋の雰囲気をオシャレにしてくれるであろうものも多い。だが、このドアストッパーのように微妙に古めかしい印象のグッズも少なくないため、チョイスする際は気を付けてほしい。

【買ってはいけない夏物グッズ3】:ビーズソファ 小 本体(Nストレッチ)/4621円 ビーズソファカバー 小(Nクール H)/1843円

 最後の「買ってはいけない夏物グッズ」として紹介するのは、ビーズソファと、そのカバーのコンビ。こういったビーズソファはニトリ以外にもさまざまなブランドから発売されており、“人をダメにする”のキャッチフレーズで人気を博している。

 しかし、“人をダメにする”ほど心地よいフィット感の座り心地ということなのだが、実はこのビーズソファは、ギックリ腰や腰痛の原因となる危険性をはらんでいるのだ。

 詳しくは、昨年、理学療法士の三木貴弘氏に寄稿していただいた記事『大人気「人をダメにする」クッションは「腰をダメにする」? 同じ姿勢が体に与えるダメージ』(http://biz-journal.jp/2017/03/post_18204.html)をご覧いただきたいが、このソファに座った際の姿勢や、同じ姿勢で長時間いることが、ギックリ腰や腰痛を引き起こす原因になることもあるという。

 つまり、これはニトリの商品に限らずビーズソファ全般に言えることであるし、そもそも「買ってはいけない」「使ってはいけない」と言うと語弊があるかもしれないが、腰痛などの危険性を伴っているということは、購入前に頭に入れておきたいところだろう。

 さて、ここまでの話はビーズソファ本体についてだが、「Nクール」シリーズのビーズソファカバーを“買ってはいけない”理由もお伝えしておこう。実は、このソファカバー自体には何もウィークポイントはなく、むしろ夏場に涼しく過ごせる素材のため、抜群の快適性能を備えている。

 だが、その抜群の快適さこそが結果的にマイナス要素となってしまうのである。前述したとおり、ビーズソファで長時間同じ姿勢でいると、腰痛の原因になることもあるのだ。つまり、涼しく快適であるがゆえにビーズソファで同じ姿勢を取り続けるという状況を、手助けしてしまう恐れがあるのだ。

 今回、失礼ながら「ダサい」と評したグッズも、そのデザインが好きならば購入しても、もちろん問題はない。このセレクトを参考にぜひニトリの夏物グッズで、今夏を快適に過ごしていただきたい。
(文=A4studio)


関連記事

Business Journalの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索