大塚家具、身売り先候補TKPが久美子社長の退任要請…処遇調整、14日までに決着か焦点

大塚家具、身売り先候補TKPが久美子社長の退任要請…処遇調整、14日までに決着か焦点

 大塚家具は8月7日夜、2018年12月期の業績予想を下方修正し、最終損益が34億円の赤字(17年同期は72億円の赤字)になりそうだと発表した。2月時点の予想(13億円の黒字)から一転して3年連続の赤字となる。

 売上の減少に加え、売れ残った在庫の価値を見直し、10億円の損失処理することも響いた。売上は従来予想の456億円から376億円に下方修正した。年間10円としていた配当予想も「未定」に変更した。

●ヨドバシカメラは買収を否定

 ヨドバシカメラは「大塚家具を買収する意向はない。交渉のテーブルにも(正式に)着いていない」(首脳)と明言した。買い手候補は事実上、貸し会議室大手のティーケーピー(TKP)1社に絞られた。関係筋によると、TKPは大塚家具の大塚久美子社長が退任し、TKPの河野貴輝社長が大塚家具の社長を兼務する人事案を示したが、大塚社長の処遇をめぐって調整が続いている。

 8月10日から14日に延期された6月中間決算の発表までに、決着がつくのだろうか。
(文=有森隆/ジャーナリスト)


関連記事

Business Journalの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索