「社員の年収5百万、社長は2500万、株主は1億」が許される合理的理由はない

「社員の年収5百万、社長は2500万、株主は1億」が許される合理的理由はない

 グローバルヒストリーのベストセラー本『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ/河出書房新社)によれば、人類がほかの種の動物を押しのけて世界の頂点に立てた理由は「虚構」にあるという。

 動物のなかで「虚構を信じる能力」のある人類だけが組織だった大集団をつくることができる。人類に遺伝子レベルで非常に近いチンパンジーには、この能力がない。だから集団を率いるのは強いボスザルの腕力に頼ることになる。そうなると集団はせいぜい数十頭までしか大きくなれない。

 人類はチンパンジーとは違い、虚構を信じることができる。「神のお告げ」であるとか「王が誕生した神話」などを信じる能力があるために、直接会ったこともない人物の権威に従うことができる。だから数万人、数十万人の社会を構築することができたというのである。

 その観点から言えば、経済の世界というのはまさに人類の「虚構を信じる能力」があったからこそ成立する世界である。紙切れに印刷をほどこしたお札は、すべての国民が「政府が保証した紙幣である」という虚構を信じているからこそ、市中で通用する。

 世の中には「社員」「経営者」「投資家」という異なる階級があるのだが、会社が利益を上げた際の取り分は社員より経営者が多く、経営者よりも投資家(株主)のほうが多いのは当然であるという虚構も、世界中の人が正しいことだと信じているから制度として成立している。

 この制度が虚構だというのは、一歩立ち止まって再考してみると、それ以外のかたちの制度があってもおかしくないからである。社員が一生懸命働いた結果、会社が莫大な利益を上げているという状態で、なぜ社員の年収が500万円、経営者の年収が5倍の2500万円が当たり前なのかというと、実はそれほど合理的な理由はない。貢献度で言えば報酬が5000万円であるべき社員もいるはずだからだ。

 さらには日本社会では経営者の取り分が多すぎると白い眼で見られる。社員の年収が500万円の会社で社長の取り分が1億円だと「高すぎる」となぜか批判が起きるのだ。その一方で、会社の利益が5億円だった際に「創業家が配当金として1億円を受け取る」と聞いても誰もそれがおかしいとは思わない。これは「社員<経営者<投資家」というルールが資本主義社会では正しいという虚構が広く共有されているから起きている現象である。

●「虚構」を容易に受け入れる日本人

 虚構とは言い換えれば、その社会で広く浸透している思想のことである。経済が成長するためには私有財産が守られることが必要条件である。この「他人の私有財産を奪うことは悪である」という思想が共有されていないと経済は発展できない。1980年代に中国経済が発展できなかったことと、2000年代に中国経済が発展できるようになったことの間には政府を含めたこの思想転換が重要だった。

『サピエンス全史』の主張の面白い点は、この中国の例のように、思想とはその本質が虚構であるがゆえに、新しい思想に置き換わっても比較的柔軟に人類は新しい思想に適応できるようになるという点である。

 人類史でいえば、近世までは王のいない国など成立できなかった。近代に入り市民革命が起きると、当初は国民の多くが「王のいない制度なんておかしなものが存在できるものか」と議会政治を批判的にとらえていたものだった。ところが数年たつと、そういった国民がすっかり民主主義という新しい思想に慣れてしまう。

 日本人はこの新しい虚構に慣れる期間が世界の中でも短い民族のようで、第二次世界大戦のときなどは終戦を境にがらりとその社会信仰が変わってしまい、しかもそれに対して「それまでの考え方は間違っていた」という無批判な受け入れ方ができるという特殊能力を示したものだった。

 だから日本経済では過去、何度も「虚構」が崩れては、それを無自覚に「あれは虚構だった」と我々は受け入れてきているのだ。

 たとえば「銀行は潰れない」「お上は銀行を潰さない」という虚構は1997年の北海道拓殖銀行の破たんを機に、誰も信じなくなった。大企業は終身雇用と年功序列で成り立っているという虚構も同じく1990年代までは皆が信じていたが、2000年代以降は逆に誰も信じなくなった。

 個人的に思い出深い虚構としては、1980年代までは新規公開株は絶対に公募割れをしないという虚構が存在していた。初値が公募価格を上回らないような条件の上場は幹事証券会社が認めないというのが、それまでの証券業界の常識だった。この虚構がはじめて破られたのはある超大手企業の子会社の上場の際である。幹事証券よりも大手企業の力が強く(あとから考えれば)誰が考えても割高な公募価格で新規上場を行った。

 それでも証券会社は一生懸命、新規公開株を個人投資家に売り込もうとした。そんなことでまだ社会人になったばかりの私のところにも「1株、買いませんか?」とセールスの電話がかかってきた。公募割れは絶対にないという虚構を信じていた私は、条件が悪いことを知りながらその話に乗って大損した。

●虚構の上に成り立つ日本経済

 とはいえ、それでも人類社会は今でも虚構の上で成り立っている。日本経済も同じである。「景気は循環する」「投資は全体で見ればリターンが返ってくるものだ」「インフレは経済を発展させるのでむしろいいことだ」「円安になると日本経済は息を吹き返す」といった考えは日本人全体に広まっていて、皆がこのことを信じて経済活動を行っている。

 さらには「年金は若い頃きちんと支払っていれば老後に損をすることはない」「公共投資は不況対策として有効だ」「国債は安全資産である」、そして「日本円は紙くずではない」といった思想を皆信じて、税金や年金を国にゆだねて信じて生活を続けている。

 繰り返しになるが経済とは基本的に「虚構を信じるという人類特有の能力の上に築かれている仕組み」である。だからこそ一見おかしな状況も誰も疑念を抱かず経済は今日もまわっている。これまでもそうだったように、これから先も虚構が崩れ、人類が新しい思想を信じるように変わるという出来事は何度も起きていくだろう。とはいえ私が生きている間には、あまり大きな虚構崩壊は起きてほしくないと思う次第である。
(文=鈴木貴博/百年コンサルティング代表取締役)


関連記事

Business Journalの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索