マツキヨvsスギ、ココカラ争奪戦…ドラッグストア大手、生き残りかけ容赦なき再編勃発

マツキヨvsスギ、ココカラ争奪戦…ドラッグストア大手、生き残りかけ容赦なき再編勃発

 ドラッグストア業界の動きが目まぐるしい。

 4月26日、マツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインは、資本業務提携に向けた協議を始めると発表した。これに触発されてか、約1カ月後の6月1日、スギ薬局を展開するスギHDがココカラに経営統合を申し込み、協議を進めると発表。さらに、わずか4日後の 5日、マツキヨHDはココカラに経営統合も含めて協議を進めることを打診し、合意が得られたと発表した。

 ココカラは両社とそれぞれ並行して協議を進めていくとしており、マツキヨHDとの資本業務提携または経営統合の道を選ぶのか、それともスギHDとの経営統合の道を選ぶのかの選択に迫られている。ココカラをめぐって、マツキヨHDとスギHDが争奪戦を繰り広げているかたちだ。一方で、3社による巨大な企業連合に発展する可能性もある。

 3社がどのような結論を出すのかはまだわからないが、ドラッグストア業界ではM&A(合併・買収)による規模の拡大競争が起きており、再編は必至の情勢だ。

 そんななか、M&Aで急速に勢力を伸ばしているのがウエルシアHDだ。2018年度の売上高は7791億円。業界首位となる公算だ。2位となりそうなのがツルハHDで、18年度の業績はまだ公表されていないが、売上高の見込みは7716億円としている。3位となりそうなのがコスモス薬品で6100億円を計画。4位は5880億円のサンドラッグになる見込みだ。

 かつて長らく首位に君臨していたマツキヨHDは上位4位内には入らない見込みだ。18年度の売上高は5759億円で5位になる公算。同社は近年、M&Aを控えていたため、積極的にM&Aを仕掛けてきたウエルシアHDなどに次々と抜かれてしまったのだ。

 5位のマツキヨHDの後には4884億円のスギHDが6位に、4005億円のココカラが7位に続く見通しだ。

●どちらと組んでも業界首位に躍り出る

 こうした状況下で、マツキヨHDとスギHDがココカラ争奪戦を繰り広げているわけだが、ココカラとマツキヨHDの売上高を単純合算すると9765億円、ココカラとスギHDとでは8890億円となり、どちらも首位のウエルシアHD(7791億円)を超える規模となる。さらに、単純合算の店舗数はココカラ・マツキヨHDが約3000店、ココカラ・スギHDが約2500店で、こちらも約1900店のウエルシアHDを抜くことになる。どちらの連合体が誕生するのかわからないが、いずれにしても巨大な連合体を形成することで、当該企業はスケールメリットを生かした施策を打ち出すことができるようになるだろう。

 まず考えられるのが、プライベートブランド(PB)商品の強化・共通化だ。PB商品を強化することで品ぞろえの面で他チェーンとの違いが打ち出せるほか、一般的にPB商品は利益率が高いため、より多くの利益が見込めるようになる。PB商品を充実させるには規模の拡大が欠かせない。

 規模を誘因に有力メーカーを商品開発に引き込めるためだ。PB商品を共通化することができれば、より大きな収益が得られるようになるだろう。仮に共通化できなくとも、それぞれのノウハウを持ち寄ることでPB商品を強化することはできる。

 PB商品に関しては、特にマツキヨHDが強い。たとえば、同社のPBのオーガニックコスメブランド「アルジェラン」はどれも高額だが、累計1000万個以上を販売する人気シリーズとなっている。

 同社のPB商品は高い評価を得ており、ブランドコンサルティング会社、米インターブランドのブランディング活動を評価する賞「Japan Branding Awards 2018」において、特に優れた取り組みを行った企業としてマツキヨHDが表彰されたほどだ。

 マツキヨHDとココカラが組むとすれば、マツキヨHDのPB商品をココカラでも販売するといったことが可能となる。このように2社でPB商品を共通化すれば、スケールメリットを生かすことなどで両社とも収益の向上が見込める。スギHDとココカラがPB商品の共通化をする場合でも同様のメリットを享受できるだろう。共通化が理想形だろうが、それぞれのノウハウを持ち寄ってPB商品を共同開発するといったことでもメリットを享受することができそうだ。

●再編が急加速する引き金になる可能性

 調剤の強化も期待できる。高齢化などを背景に、医師の処方箋に基づいて薬剤師が調剤して処方する処方薬の需要が増えており、調剤併設店のドラッグストアが拡大している。スギHDも調剤を強化しており、調剤を実施する店舗は7割にも達している。ココカラも調剤を強化しており、調剤併設店を増やしているほか、18年にはドラッグストア大手で初めて、薬剤師がテレビ電話で薬を説明する「遠隔服薬指導」を開始している。連合体が誕生した後にそれぞれの企業がノウハウを持ち寄ることで、調剤を強化できるだろう。

 出店エリアの重複が少ないことも大きい。ココカラは関東と関西の駅前や商店街を中心に出店を重ねてきた。一方、スギHDは中部を中心に郊外型の店舗が多く、同エリアが手薄なココカラとはエリア補完性が高い。他方、マツキヨHDは関東の駅前を中心に出店しており、ココカラとは関東では重複するところもあるが、関西では重複は少なく、こちらもエリアの補完性が高いといえる。

 マツキヨHDとココカラについては、仮に経営統合するとして、関東で重複する店舗に関しては不採算店を閉鎖することで残る店舗の収益性を高めることができる。関東ではドラッグストアは飽和感が強く、経営統合を機に戦略的に店舗閉鎖できる意義は小さくはないだろう。

 このように3社はそれぞれ補完性が高く、連合体を組むメリットは大きい。連合体を組むことで規模を拡大して競争力を高め、ウエルシアHDなど上位企業に対抗したい考えだ。

 もっとも、3社の競合は同業だけではない。コンビニエンスストアが最大の異業種ライバルとなるだろう。ドラッグストアの多くは食品や日用品を安値で販売することでコンビニから顧客を奪っている。利益率の高い医薬品や化粧品を販売して利益を確保し、それを原資に食品や日用品の価格を下げ、それを呼び水に集客を図ってコンビニに対抗しているのだ。

 こうした武器を生かしてドラッグストアはコンビニに抵抗してきたが、ドラッグストアは大手でも店舗数は多くて2000店程度にしかならず、最大のコンビニチェーン「セブン-イレブン」の2万店超と比べると桁がひとつ少ない。十分に対抗できるほどの体力があるとはいえないだろう。そのため、ドラッグストア大手といえども規模の拡大は避けて通れない。

 近年のドラッグストア業界におけるM&Aは、大手が中小を飲み込むかたちのものがほとんどだった。しかし、今回の3社の動きは大手と大手が結合するというまれなもので、業界内外で関心が集まっている。

 これを機に大手同士の再編が進む可能性もあり、目が離せない。
(文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント)


関連記事

Business Journalの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索