Facebook、脅威の「競合」に徹底的な対抗措置…他社の人気機能をそのまま再現

Facebook、脅威の「競合」に徹底的な対抗措置…他社の人気機能をそのまま再現

 Facebookは、世界最大のソーシャルネットワーキングサービスだ。月間アクティブユーザー(MAU)は20億人を突破し、日間アクティブユーザーも13億2500万人に上る。

 直近の2017年第2四半期決算では、売上高93億2100万ドルを記録し、純利益は38億9400万ドルを記録した。それぞれ、前年同期比45%増、71%増と、引き続き、驚異的な成長を続けている企業だ。ユーザー1人当たりからの売上は世界平均で4.73ドル、米国とカナダで19.38ドルとなっており、引き続き北米市場が中心のビジネスであることもわかる。

 そんなFacebookが買収しようとして失敗し、上場を果たした企業が、Snapchatを運営する企業、Snap Inc.だ。こちらも若者には非常に人気のあるSNSアプリを提供している。17年第1四半期決算では、1億5000万ドルの売上高と、日間アクティブユーザー数1億6600万人を報告した。ユーザー1人当たりの収益は0.90ドル。それでも、前年同期比と比べ、売上高は74%増と高成長している。なお、米国時間8月10日に、同年第2四半期決算が発表される予定だ。

 規模や収益性がまったく異なるFacebookはこれまで、Snapchatを目の敵にしてきた。買収を試みたことからもわかるとおり、FacebookにとってSnapchatが脅威に映っていることを表している。ではFacebookがどのようにして、Snapchat対策をしているのかをみていこう。

●24時間で消える投稿が重要だった理由

 Snapchatには、24時間で写真やビデオの投稿が消える「Stories」と呼ばれる機能が実装されている。広告ビジネスが主体のSNSにおいて、この「24時間で消える」という投稿機能は非常に大きな意味を持つ。

 このStoriesは、24時間で削除するため、友人の投稿を確認するには毎日アプリを開かなければならず、また1日に1度もアプリを開かず何も投稿しなければ、自分の投稿は空っぽになってしまう。そのため、アプリに対してより長い時間接することになり、それだけ広告効果が高まるプラットホームへと進化することを意味する。

 Snapchatは、もともとは「Sexting」(性的なメッセージや写真をやりとりすること)サービスとして生まれたため、投稿が保存されない機能が重要だったが、その期間を24時間に引き延ばすことによって、SNSに対して新たな価値を与えた、Snapの若者のセンスが光るポイントだった。

●あらゆる場所にSnapchat対策を張り巡らすFacebook

 そうした若者のトレンドを創り出したSnapに対して、Facebookは対策に乗り出す。真っ先に挙がるのが、1年前の16年8月にSnapchatと同じ機能を傘下の写真共有サービスInstagramに実装したことだった。しかも、同じ名前で。

 結果的に似ている機能を実装することは、これまでもウェブ業界、アプリ業界でよくあることだった。しかし名前まで同じ機能をぶつけてきた点は印象的だ。しかも、SnapchatよりもInstagramのほうが、より多くのユーザーを獲得してしまったのは皮肉な話だ。

 Facebookによると、InstagramのStoriesを利用しているユーザーは1日に2億5000万人に上り、そもそものSnapchatの日間アクティブユーザー数1億6600万人を大きく上回ってしまった。

 それだけではない。17年4月に月間アクティブユーザー数10億人を報告したFacebookのメッセージアプリ、Facebook Messengerにも「My Day」として、24時間で消える写真やビデオを投稿する機能を実装した。

 さらに、13億人のユーザーを抱えるFacebook傘下のメッセージアプリWhatsAppにも、「WhatsApp Status」として同様の投稿機能を用意した。17年2月に公開した後者に関しては、すでにInstagramのStoriesと同じ日間アクティブユーザー数2億5000万人を達成したのだ。

●Facebookに疲れても

 Facebookによると、InstagramのStories導入後のInstagramは、若者からの人気が高まっているという。Instagramの最も多い年齢層は25歳以下で、彼らが1日にInstagramに費やす時間は32分だった。25歳以上のデータは24分であり、Storiesが若者のエンゲージメントを大きく高めていることがわかる。Snapchatの1日当たりのアプリ滞在時間は30分。Instagramが1日当たりの滞在時間を発表したのは3年前の14年だったが、当時は1日当たり21分であった。そのことからも、Storiesをマネしたことで、若者層へのInstagramのエンゲージメントを大きく高めることができたことがわかる。

 日本でもささやかれている「Facebook疲れ」。Facebookアプリのエンゲージメントの低下を指すと同時に、生活全般を友人と共有していくFacebookに対して、心理的に後ろ向きな印象を持ってしまう意味も含む。

 しかし、InstagramのStoriesは、よりアクティブな友人との共有という「楽しさ」が強調される場であり、エンゲージメントの高まりが観測されている。また、Facebookに疲れたとしても、メッセンジャーやWhatsAppで連絡は取り合うことはやめないだろう。

 ユーザーは気にしないかもしれないが、Facebookも、Instagramも、メッセンジャーも、WhatsAppも、すべてFacebookのアプリであり、Facebookのユーザーなのだ。さまざまなコミュニケーションの方法をカバーすることで、世界中の人々を、Facebookのビジネス上に存在させる戦略は、今後も続いていくことになる。

 その取り組みは、インターネット接続に乏しい地域に対して、空からネットアクセスを提供する手段を使ってまで、加速させているのだ。
(文=松村太郎/ITジャーナリスト)

関連記事

Business Journalの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索