iPS細胞山中伸弥教授のノーベル賞受賞、医学界で囁かれる理由

iPS細胞山中伸弥教授のノーベル賞受賞、医学界で囁かれる理由

 ノーベル賞の発表が終わった。4年連続の日本人受賞はならなかったが、長崎生まれのカズオ・イシグロが文学賞を受賞し、日本は大いに盛り上がった。

 生理学・医学賞は、体内時計を制御する分子メカニズムを発見したジェフリー・ホール氏(メイン大学)、マイケル・ロスバッシュ氏(ブランダイス大学)、マイケル・ヤング氏(ロックフェラー大学)ら米国の3人の研究者に与えられた。

 この発表を聞き、日本中が落胆した。免役チェックポイント阻害剤ニボルマブを開発した本庶佑・京都大学特別教授が有力候補と報じられていたからだ。ニボルマブの医学的評価については、いまさら説明の必要はないだろう。免疫細胞のブレーキを解除し、免疫を活性化させることで、手術や従来の抗がん剤が効かなかった肺がん、腎臓がん、悪性リンパ腫の進行を抑制し、一部の患者では治癒の可能性も指摘されている。

 販売元の小野薬品は2018年度の売上を2,030億円と見込んでいる。発売当初、肺がん患者に1年間ニボルマブを投与した場合の薬剤費が約3,500万円と高額であることが批判され、今年2月には緊急的に薬価が50%引き下げられたのに、売上は対前年比でマイナス5.3%だった。いかに医療現場で評価されているかが、おわかりいただけるだろう。今後、臨床研究が進み、その効用や限界がさらに明らかになるだろうが、すでに一定の評価は確立しているといっていい。

 ところが、ノーベル財団は本庶氏にノーベル賞を与えなかった。もちろん、来年度以降に受賞する可能性はゼロではない。ただ、私はその可能性は低いと考えている。それは、ニボルマブを取り巻く環境は、ノーベルが希望したものとほど遠いからだ。

●ノーベル賞の性格

 1833年、スウェーデンで生まれたノーベルは、ダイナマイトなどさまざまな爆薬を開発し、巨万の富を得た。当時、世間は彼のことを「死の商人」と揶揄した。ノーベルは結婚せず、子どもをつくらなかった。彼が亡くなる1年前の1895年に遺言を残す。そして、そのなかで「人類のために最大たる貢献」をした人々に彼の遺産の運用益が分配されることを望んだ。これがノーベル賞の始まりだ。

 これまでのノーベル生理学・医学賞の選考でも、ノーベルの遺言は遵守されてきたようだ。例えば、医薬品開発では、ペニシリン(1945年)、ストレプトマイシン(52年)、H2阻害剤・抗ウイルス剤(88年)の開発者が受賞している。胃酸分泌を抑制し、死の病であった胃潰瘍を治癒可能にしたH2阻害剤を除き、いずれも感染症治療薬だ。人類への貢献は絶大だ。いずれも比較的安価であり、世界中の誰もが服用できる。さらに2015年には大村智・北里大学特別栄誉教授ら3名が寄生虫およびマラリア治療薬の開発で受賞した。アフリカなど発展途上国の国民の健康を劇的に改善した。

 一方、ニボルマブは、先進国の一部の老人を長生きさせるだけなのに、年間の薬剤費は半額に下げても1,500万円を超える。あまりに高額なため、「ニボルマブが国民皆保険を壊す」という意見まである。その傍らで、医療費を抑制するために高齢者は病院から追い出され、リハビリなど慢性期医療は制限される。

 この状況で本庶教授にノーベル賞を与えれば、ノーベル財団がニボルマブを販売する小野薬品の宣伝をしているようなものだ。このように考えると、ノーベル財団が降圧剤、高脂血症治療薬(スタチン)、抗がん剤などの生活習慣病治療薬の開発者に、ノーベル生理学・医学賞を与えてこなかったことも納得がいく。

 ただ、これではあまりに本庶教授が気の毒だ。彼はがんの免疫を研究し、その成果が結果として臨床応用されただけだ。将来の特許収入やベンチャー企業の上場益を目的に研究したわけではあるまい。下手に臨床応用されてしまったから、ノーベル賞を逸したという見方さえできる。知人の国立大学医学部教授のなかには、「山中伸弥教授が受賞できたのは、iPS細胞を用いた治療の実現の目途がたっていないから」と言う人までいる。あながち、否定はできない。

●金のためになりふり構わない製薬企業と医師

 高齢化が進む世界で医療費の抑制は喫緊の課題だ。一方で製薬企業の成長は著しい。17年10月現在、世界の企業の時価総額ランキング上位50社にはジョンソン&ジョンソン(9位)、ファイザー(28位)、ロシュ(32位)、ノバルティス(34位)の4社がランクインする。いずれもがん治療薬を主力商品とする。

 12年には東大病院を舞台にして、ノバルティスファーマが販売する白血病治療薬の研究不正が発覚した。つい最近、ロシュの子会社である中外製薬の抗がん剤を用いた臨床研究で、研究者の利益相反と保険の不正請求が行われていたことが明らかとなった。金と名誉のためになりふり構わない製薬企業と医師たちの振る舞いは、ノーベルの遺言と対照的だ。

 近年のノーベル賞は応用研究の受賞が増えている。今回のノーベル財団の決定は、彼らの良心を示したものだろう。なぜ、本庶教授がノーベル賞を逸したのか、今こそ、日本の医学界は虚心坦懐に反省し、社会の信頼を取り戻すよう尽力すべきである。
(文=上昌広/特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長)


関連記事

Business Journalの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索