知っておきたい!女性のための「デリケートゾーン」ケアアイテム3つ

日本ではまだまだ認知されていませんが、ヨーロッパでは当たりまえのデリケートゾーンケア。ヨーロッパの方からすると「ボディソープで顔を洗うのと同じ」と笑われてしまうほど、デリケートゾーン専用のソープを使っていない日本人は遅れているのだそう!実は日本でもさまざまなオーガニックブランドから、デリケートゾーン専用のソープが出回っています。そこで、おすすめの3つをご紹介します。


何でデリケートゾーンを洗うソープを、わざわざ変えなければならないの?


日本ではまだまだ浸透していないものの、ヨーロッパではデリケートゾーンはそれ専用のもので洗うのが主流。日本でだって、顔は弱酸性だからと顔用の洗顔料を使っていますよね。考え方はそれと同じです。

デリケートゾーンはpH4.0〜4.5と言われています。これに合わせた弱酸性のソープで洗うことが、女性のデリケートゾーンのケアのひとつとになるのです。

そしてソープを変えてみるだけで、下着やナプキンでムレてしまった時の痒みや臭いが、気にならなくなるかもしれません。

デリケートゾーンのケアには、経皮吸収のことも考えて、オーガニックのケアアイテムを採用するのがおすすめだそう。そこでオーガニックのデリケートゾーンケアソープを3つご紹介します。

1.Pubicare(ピュビケア)


体の中でも繊細な部分である、デリケートゾーン。体とも顔とも別のpHを持っていて、特殊な環境なのだそうです。だからこそ肌に優しいナチュラルな成分が配合されています。またイタリアのオーガニック認証機関「ICEA」認証を取得。

オイル状のテクスチャー、泡立ちもGood。選べる香りも3種類あり、ダマスクローズ、ネロリ、シトラスオレンジと、妊娠中でも使える香りもあります。お値段も高くはないので手に入れやすく、ギフトとして贈っても喜ばれますよ。

2.INTIME ORGANIQUE(アンティームオーガニック)


植物療法士の森田敦子氏がプロデュースしたアンティーム。フランスで培われた知識をもとに、植物の恵みがたっぷりと詰め込まれているプロダクトです。

「アンティームフェミニンウォッシュ」は、肌に存在している常在菌を殺さずに、汚れはスッキリと落としてくれます。そのため柔らかでふっくらとした洗い上がり。また天然100%の精油を使用しているため、植物の持つ優しい香りにも癒されますよ。

3.ARGITAL(アルジタル)


イタリアのシチリア発の『ARGITAL(アルジタル)』。こちらののデリケートゾーン用ソープが「デリケートハイジーンソープ」です。

こちらはアルジタルお得意のグリーンクレイ配合。汚れを吸着しながらも、しっかりと保湿もしてくれるというプロダクトです。

この他にも浄化作用があるニアウリ、鎮静作用のあるラベンダーが配合。またペパーミントも入っているため、使用感がスーッと清涼感があります。毎日暑い、この時期にぴったりのプロダクトです。また容量も多いのでコスパも◎。

それぞれ使用感が違う!


どのプロダクトも、同じオーガニックでありながら使用感が全く違います。価格帯も同じくらいなので、使い比べてみるのもおすすめ。

夏だからこそ!お気に入りのプロダクトを見つけて、デリケートゾーンのケアを始めてみてはいかがでしょうか?
星 有子
ハーバルセラピスト

Photo by fotolia

関連記事

美LAB.(ビラボ)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索