バストは今からでも育つ?大人女性が知っておきたい育乳のススメ

豊満とまでは言わないけれど、せめて今よりも1カップでもあげたいのが女の本音!ダイエットとは違って成果が目に見えにくいバストは、本当に成長期が過ぎた後でも育つもの?今回はバストアップを目指す大人の女性にオススメする、育乳に良いとされているスーパーフードをご紹介します。


成長期が止まればバストは育たない?


バストアップのエクササイズや育乳ブラなど、バストに関する情報や商品は数多く販売されていますが、成長期を過ぎた後でも、本当にバストアップは期待できるものなのでしょうか?

結論からいうと可能性はあると考えられます。身長と同じで遺伝によるものだったり、成長期が過ぎた後は育たないという印象を持たれがちですが、バストは乳腺と脂肪でできています。脂肪は成長期の問題ではありませんし、乳腺は女性ホルモンによって増加することができます。

つまり、急激なバストアップは難しくとも成長期に関係なくバストアップする可能性は期待できます。ただ、バストの脂肪は乳腺が増えないと効果的につかないので、乳腺を発達させることが大事になっていきます。

乳腺は女性ホルモンの一つ、エストロゲンの増加により発達すると言われています。よく好きな人に触れられるとバストが大きくなると言われるのは、好きな人との触れ合いによりエストロゲンが増加することが起因しているのかもしれませんね。

乳腺発達の源!バストアップを高めるスーパーフード


・大豆製品
バストアップのために必要なエストロゲンを増加させるには、エストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンを摂取するのが良いとされています。植物性エストロゲンは大豆製品に含まれるイソフラボンの別名でもあります。つまり、大豆製品はバストアップケアをサポートしてくれる食材と言われています。

イソフラボンは毎日40mgから70mg程度の摂取量が適当とされています。納豆は1パック30mgほどの含有量なので、毎日納豆1パック〜2パック程度を摂取していると良さそうですね。

・レーズン
レーズンにばバストアップを促進するボロンという成分が含まれています。このボロンは、ミネラルの一種でエストロゲンの増加をサポートしてくれる効果が期待できるのだとか。

ボロンはレーズンの他にキャベツやリンゴ、アーモンドにも含まれていますが、一日の摂取量の目安は3mgと言われており、これを摂取するにはリンゴの場合、少なくとも一日3個は食べないといけない量です。これはなかなか現実的ではありませんよね。

あくまでエストロゲンをサポートする食材として、毎日続けられる程度で摂取することをオススメします。そういった観点で言えば、おやつ代わりになるレーズンやアーモンを食すと良いでしょう。ただし、レーズンは糖分、アーモンドは脂肪分も多いので摂りすぎにはご注意を。

規則正しい生活基盤があってこそ効果を発揮!


もちろんですが、規則正しい生活が土台にあってこその栄養素です。女性ホルモンは日頃のストレスが影響して減退していくこともあるので、しっかり睡眠をとること、仕事のストレスを抱えすぎないといった心のケアも併せて意識してみてくださいね!
角 侑子
ファッションスタイリスト

Photo by fotolia

関連記事

美LAB.(ビラボ)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索