くすみが気になったらやってみて!「100均グッズ」も使った解消法3つ

夏は紫外線の影響のほか、暑さのせいで寝不足になったり、室内と室外の気温差などで肌も夏バテを起こしてくすみが気になることがあります。そんなくすみを時期的なものと放置しておくと、夏の終わりにすっかり老け顔になってしまって、後悔することになりかねません。そのためくすみが気になったら、その日のうちに対策を取ることが大切です。そこで、今回はくすみ解消法をご紹介したいと思います。


1. 美白ケアは年間を通して行うのがベスト!アフターサンケアもマストケア


くすみの原因は、紫外線によるダメージの場合があります。そのため美白美容液などを使った美白ケアは、年間を通して行うのがベストです。

とはいえ、美白有効成分にはビタミンC、アルブチン、コウジ酸など様々な種類があります。そのため、使用する美白コスメにどのような成分が含まれているか、必ず確認してから使用することが大切です。そして、1本使い切っても効果を実感できないようなら、別の美白有効成分が配合されているコスメを使うことをオススメします。

このほか、いくつかの美白有効成分を配合したコスメ、または朝と夜とのお手入れでは、別々の美白有効成分を配合したコスメを使用するのも効果的です。
そして、忘れてはいけないのが、うっかり日焼けしてしまった場合。アフターサンケアをしっかりと行えたかどうかで、後々の肌に大きな違いが生まれます。

オススメのアフターサンケアは、まず肌の汚れを落として火照りを鎮めること。冷蔵庫に入れた保冷剤や濡れタオルなどを使って冷やしましょう。火照りが鎮まったら美白有効成分がたっぷりと含まれたシートマスクでスペシャルケアを行いましょう。そして、しっかりと保湿する、十分な休息をとることが大切です。

2. 角質は溜めない!日々のお手入れでクリアな肌に磨きをかける


夏は汗や皮脂の分泌が活発な季節。それにも関わらず、毎日の洗顔やクレンジングで汚れをしっかりと落とせていなかったり、古い角質が溜まってしまうとくすみを招くことにつながります。そのため夏こそ丁寧な洗顔やクレンジングを心がけるとともに、角質を除去するケアをしっかりと行いましょう。

とはいえ、角質ケアは貼って剥がすようなタイプは、肌に刺激を与えることにつながります。そのため塗って洗い流す、塗るだけなど、肌に優しいタイプの角質ケアを行うことをオススメします。

3. 血行促進がくすみ解消のキモ!100均のあのグッズも大活躍


夏は冷房の影響や冷たい飲み物をよく飲むことなどから、体が冷えて血行不良に陥りがち。そうするとくすみを引き起こすことにつながります。冷えは万病の元と言われているので、夏こそ血行を促進させるケアを積極的に行いましょう。

血行を促進させるには、運動する、毎日入浴する、温かい飲み物や体を温める作用のある食品を積極的に摂取するといったこと効果的です。また、同時に血の巡りを良くするようなケアを行うことも大切です。体を締め付けるような下着や洋服はできるだけ身につけない、座りっぱなしや立ちっぱなしは避けるといったことを心がけましょう。

さらに、血の巡りを良くするのに効果があるツボを刺激することも効果的です。とはいえ、ツボを覚えて毎日刺激することは難しいものがありますよね。そこで、オススメなのがハンドグリップボールを使って、ツボが密集するような場所を刺激することです。

足の裏や背中の中心に近い部分、脇など1,2分体重をかけたり、挟んだりしながら刺激しましょう。ハンドグリップボールはキャンドゥで税抜100円で購入することができます。2つ購入しておくと左右同時にケアできるなど時短にもつながるのでオススメです。

まとめ


くすんだ顔は疲れて老けた印象に見えるほか、メイクも映えません。日に何度か鏡でチェックして、少しでもくすみが気になったら即解消するためのケアを行うほか、日頃からくすみを防止できるように、ご紹介のケアを心がけることをオススメします。
遠藤 幸子
アンチエイジングアドバイザー、エイジング美容研究家

Photo by fotolia

関連記事

美LAB.(ビラボ)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索