プヨプヨ内ももは反り腰が原因!?ガニ股前屈ストレッチ

マナヨガ代表、ヨガインストラクターのyuukaです。内もものお肉がプヨプヨして、歩く時に気になったりしませんか?足全体は細くても、太ももの内側のお肉が減らない人にオススメのストレッチエクササイズをご紹介します。


内もものプヨプヨは反り腰が原因?


自分の骨盤が、正しく安定した位置になるかどうかを意識したことがありますか?歪みなども自分では分からないもの。太ももの内側のお肉が気になる人は、骨盤が前に倒れすぎている反り腰の可能性が大!

骨盤は地面に対してまっすぐ立っている状態であれば、背筋、腹筋を使って体を支える美姿勢で入られますし、足にも余計な筋肉がついてごつくなることは防げるのですが、反り腰になっている場合はこのバランスが崩れて、背中やお腹の筋肉が怠け、姿勢が悪くなったり足が太くなったりする可能性があるのです。

私もこの反り腰のせいで、足のバランスが悪く、内もものプヨプヨに悩んできました。反り腰はぽっこりお腹の原因の一つでもありますし、長時間立っていると腰痛になりやすい傾向もあるので、この骨盤の位置を覚えておくのは絶対にオススメです。

まずは、体を横から見たときに、首、肩、腰、足首が一直線で並んでいるかどうかを意識して立ったり歩いたりしてみましょう。実際にこの動きに慣れるまでは、お腹も背中もしんどく感じると思います。普段いかにお腹や太ももの内側を使わずに生活していたかに愕然とするかも!?

プヨプヨ内ももストレッチ


反り腰さんは、その姿勢が原因で、足の前側は外側の筋に負担をかけやすく、太ももの前や外側が張り出しているのに、内ももや裏側は緩んでる。そんな状態に心あたりがある方は多くいるのではないでしょうか?

使われにくい内側、使いすぎる外側とのバランスを整えるように、内ももをよく伸縮させる動きを取り入れてみましょう。

内ももガニ股ストレッチ
1. 両足を閉じて立ちます。両足先を外側へ向けます。
2. 膝を曲げて開き、ガニ股のような格好になったら、上体を前に倒し前屈し、手を床につきましょう。
3. 息を吐きながら、膝を伸ばせる範囲で伸ばしていきます。この時手は床についたまま行います。
4. 息を吸いながら再び膝を曲げて内ももを緩めます。
5. 一連の動きを20回ほど繰り返しましょう。

むくみやすい人にもオススメ


内ももを伸ばしたり緩めたりする伸縮の動きは、むくみのケアにも最適です。足がむくんでいるなと感じる時にも、やってみてほしいストレッチです。

まずは骨盤の位置を意識すること!そこにプラスして、この内ももガニ股ストレッチを取り入れてみましょうね!
yuuka
ヨガインストラクター、ボディセラピスト、ラジオパーソナリティ

Photo by fotolia

関連記事

美LAB.(ビラボ)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索