スッキリ痩せて美ボディに!寝る前の「体幹エクササイズ」5つ

夏が近づくとダイエットを始める方も多いのではないでしょうか?食事を抑えたり運動を取り入れたりして、体重やサイズを落としていきますよね。今回はエステティシャンである筆者がダイエットに必要なことをお教えします。


■生きていく上で人間には食事と筋肉は必要不可欠


口から取り入れる食材の栄養素によって人間の細胞は活性されて新しい細胞を生み出し、健康的な体を維持することにつながります。さらに筋肉によって必要な動きや生活、運動ができることで体力も維持されますよね。人間は日々代謝し食べたものを消化、吸収、燃焼し、筋肉の活動によって健康的なボディラインをキープしています。

ですが、元々持っている代謝機能に対して過剰にカロリー摂取をしてしまい、より筋肉量が少ないと食べたものを燃焼、排泄できずに脂肪となり体内に蓄積され、どんどんサイズが大きくなります。

こうならないために食事をコントロールしたり、運動を取り入れるダイエット法をおこなう方も多いのではないでしょうか?

■食事+筋肉+◯◯が必要


栄養バランスのとれた食事をとること、運動によって体を動かし筋肉を活発にしておくことはもちろん必要なことですが、一緒に取り入れたいのが「体幹」です。

普段使わない体の中心にある体幹をトレーニングすることで、内臓機能が活発に動いたり代謝機能が高まることで脂肪が燃焼しやすく、ボディラインの引き締めにも効果的です。

■寝る前の体幹エクササイズ


■体幹エクササイズ(1)
うつ伏せになり、両手は頭の後ろに回し、あごを引いた状態で背中を反らせながら両足も浮かせましょう。5秒キープ×3セットおこないましょう。

■体幹エクササイズ(2)
うつ伏せのまま、両手の上にあごを乗せ、左右の膝を肩幅くらいに開き、膝を曲げて足首をクロスさせ、太ももを持ち上げるようにしましょう。5秒キープ×3セットおこないます。
■体幹エクササイズ(3)
壁に向かってまっすぐと右腕を伸ばしましょう。右足を真っ直ぐ伸ばして立ち、左足をゆっくりと真後ろに持ち上げましょう。5秒キープ×3セットおこないます。

■体幹エクササイズ(4)
(3)と同じく壁に向かって左腕を伸ばし、左足で支えるように立ち、右足をゆっくりと真後ろに持ち上げましょう。5秒キープ×3セットおこないます。

■体幹エクササイズ(5)
足を肩幅に開き、つま先を両手で押さえてかかとが浮かないようにしゃがみ、ゆっくりと体を伸ばして両手をバンザイしながら爪先立ちをキープしましょう。5秒×3セット繰り返します。
太ももの筋肉や背中の筋肉、お腹周りなど体の中心を意識した体幹トレーニングを取り入れて、体を大きく動かすことも代謝機能をアップするためやボディラインを維持するためのポイントですので、食事や運動とともに体幹エクササイズも取り入れてみてはいかがですか?

寒川あゆみ
エステサロンオーナー、美容家、美容ライター

Photo by fotolia


関連記事

おすすめ情報

美LAB.(ビラボ)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索