英7−9月実質GDP:2年ぶりの高い伸びも、ペース鈍化を示唆

英7−9月実質GDP:2年ぶりの高い伸びも、ペース鈍化を示唆

(ブルームバーグ): 今年7−9月(第3四半期)の英経済成長率は約2年ぶりの高水準となった。ただ、8月以降は突然に勢いが失われ、欧州連合(EU)離脱が迫る中での成長鈍化が示唆される。

  政府統計局(ONS)が9日発表した7−9月の実質国内総生産(GDP)改定値は前期比0.6%増と、市場予想に一致。2016年第4四半期以来で最も大幅な伸びとなった。特に第3四半期前半は気温の上昇やサッカーW杯の開催で個人消費が押し上げられたもようだ。純貿易もプラス寄与した。

  第3四半期の個人消費は0.5%増、企業投資は1.2%減少した。輸出は前四半期比2.7%増。輸入は変わらずだった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.K. Economy’s Best Quarter in Two Years Hides Loss of Momentum(抜粋)U.K. 3Q GDP Rises 0.6% Q/Q; Est. 0.6% Q/Q(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:London Andrew Atkinson a.atkinson@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Fergal O'Brien fobrien@bloomberg.net, Brian Swint

©2018 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索