BofA:10ー12月はリテール部門が健闘、債券トレーダー補う

BofA:10ー12月はリテール部門が健闘、債券トレーダー補う

(ブルームバーグ): 米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)の2018年10ー12月(第4四半期)は、個人向け銀行部門が債券トレーディングの不調を打ち消した。

  16日の決算発表によると、リテールバンク部門は融資が5%拡大し、同行の過去最高益をけん引。一方、債券・通貨・商品(FICC)のセールス・トレーディング収入は15%減の14億ドル(約1500億円)にとどまり、アナリスト予想(16億ドル)を下回った。

  ブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は発表文で「個人と企業の健全な環境が堅調な経済を主導している」とし、「しっかりした資産の質と、融資および預金の伸びが当期の業績を支えた」とコメントした。

  純利ざやは2.48%と、アナリストの予想以上に拡大した。個人向け部門の預金の平均残高は3%増、純金利収入は12%増えた。

  投資銀行業務の手数料収入は5%減の13億ドル。アナリスト予想は上回った。

  全体の純利益は前年同期の3倍となる73億ドル(1株当たり70セント)、収入は227億ドル。1株利益と収入もアナリスト予想を上回った。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索