ボーイング株は「積極買い」を、リスク織り込み済み−ベアード

(ブルームバーグ): 米ボーイングは最近の株価急落によって、737MAXの運航停止と2019年業績見通しを修正する可能性がすでに織り込まれたため、投資家はボーイング株を「積極的に」買うべきだと、ロバート・W・ベアードのアナリスト、ピーター・アーメント氏は26日付の顧客向けリポートで指摘した。

  アーメント氏は「現在の水準で、ボーイング株のリスク・リワードは非常に魅力的だ」とし、短期投資家も長期投資家も積極的に買うことを勧めると述べた。

  26日の米市場でボーイング株は一時、前日比1.4%高となる場面があった。10日のエチオピア航空機墜落以降では12%安。

  アーメント氏は、737MAX向けのソフトウエアが数日中に更新され、運航停止の解除や納入再開に直ちにつながると見込んでいる。同氏は2019年の納入数と業績の見通しをいずれも下方修正し、納入数871機(30機引き下げ)、通期1株利益19.85ドル(40セント引き下げ)とした。ブルームバーグがまとめたデータによると、1株利益に関するアナリスト予想の平均値は20.14ドル。

©2019 Bloomberg L.P.


関連ニュースをもっと見る

関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索