サウジ、イランとの戦争望まず−開戦なら「力と決意」で応じる

(ブルームバーグ): サウジアラビアはイランとの戦争を望まないが、イランが開戦を決めるなら、「力と決意」をもって応じる。サウジのジュベイル外相が19日に述べた。

  「いかなる形でも戦争は望まないが、同時にイランがサウジへの敵対的な政策を継続するのも容認しない」とジュベイル外相は19日朝、首都リヤドで記者団に話した。「われわれは平和と安定を望む」と語った。

  一方、イランの革命防衛隊を率いるホセイン・サラミ司令官も同様に、戦争を望んではいないが、衝突となればちゅうちょしないと発言。準国営のファルス通信によれば、最近の出来事によって「敵の力の度合いが明確になった」と同司令官は話した。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索