ロンドン外為:ポンドが対ユーロで過去最長の続落、英首相に退陣圧力

ロンドン外為:ポンドが対ユーロで過去最長の続落、英首相に退陣圧力

(ブルームバーグ): 22日のロンドン外為市場でポンドが下落。対ユーロで過去最長となる13日続落となっている。メイ英首相が発表した欧州連合(EU)離脱を巡る新たな提案に反対意見が相次ぎ、首相への退陣圧力は一段と強まった。

  ポンドは対ドルで約4カ月ぶり安値。与党および野党・労働党議員の多くは、来月行われるメイ首相の新提案に関する議会採決で反対票を投じると表明している。

  ロンドン時間午後に入りポンドは対ドルで一時0.5%下げて1ポンド=1.2641ドルと、今年1月以来の安値を更新。対ユーロでは0.5%下げて1ユーロ=88.25ペンスまで売られた。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索