米耐久財受注、4月はコア資本財が予想上回る大幅減少

(ブルームバーグ): 4月の米耐久財受注統計では、設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注が、市場予想よりも大きく減少した。商務省が24日発表した。前月比マイナスは今年に入って初めて。直近の対中関税引き上げ表明より前に、中国との通商対立の影響が既に深刻化しつつあったことが示唆された。

インサイト

設備需要の減少は、中国との貿易戦争が続く中で企業が投資への慎重姿勢を崩していないことを示唆する4月は自動車・同部品の受注が約1年ぶりの大きさで落ち込んだ。一次金属やコンピューター・電子製品も減少。金属加工製品や機械、電化製品などは増加

詳細

4月の受注は減少したものの、3カ月平均(年率)では2.7%増。3月時点の同平均は1.1%増だった。出荷については4月は3カ月平均(年率)で2.5%増。前月は4%増だった4月の輸送機器を除く耐久財受注は前月比横ばい。国防資本財の受注は4.8%増。国防を除く受注は2.5%減と、2018年1月以来の大幅減

 統計の詳細は表をご覧ください。

(詳細を追加して更新します)

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索