フェイスブックのサンドバーグCOO、「リブラ」導入はかなり先

(ブルームバーグ): 米フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)は19日、同社が計画している仮想通貨の「導入はかなり先」だと述べた上で、政策当局者が既に精査を準備し、米議会も来月公聴会を予定しているとことを認めた。

  サンドバーグCOOは19日、フランスで開かれたカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルでブルームバーグ・テレビジョンのインタビューに応じ、「規制当局は懸念を抱いている」と認めた。「われわれは既に当局と会っている。なすべきことが多いのは承知しているが、今回は参加と協力を求めるロードマップについて当社の意向を発表したものだった」と説明した。

  フェイスブックは18日、法定通貨や国債などに裏付けられる「ステーブル(安定)コイン」の一種、「リブラ」を導入する計画を発表した。1年以上前にスタートし27社が協力する同プロジェクトは、欧米の政治家からすぐに批判を受け、米議員らは適切な監視を受けるかどうかを疑問視。 フランスのルメール財務相はマネーロンダリング(資金洗浄)とテロ資金調達を懸念していると述べた。

  上院銀行委員会は19日の声明で、7月16日の公聴会で「 フェイスブックが提案するデジタル通貨とデータのプライバシーに関する検討」に焦点を当てることを明らかにした。

  フェイスブックはリブラの少なくとも年内導入は想定していない。サンドバーグ氏はこれほど早い段階で発表したことについて、「厳しく規制された分野であることは承知している。関係者と協議し、会談する必要があり、それをわれわれは実行している。その後に導入することになる」と語った。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索