三菱重、ボンバルディアのリージョナルジェット事業買収−約590億円

(ブルームバーグ): 三菱重工業は25日、ボンバルディアからカナダエア・リージョナル・ジェット(CRJ)事業を買収する契約を締結したと発表した。航空機事業を拡大するグローバル戦略の重要な一歩に位置づける。

  三菱重工はこの買収で、取引完了時に5億5000万ドル(約590億円)を支払うほか、約2億ドルの債務を引き受ける。一方で、約1億8000万ドルと評価されるCRJ保有信託プログラムの受益権を継承する。規制当局による承認を経て、2020年上期の取引完了を見込む。

  両社は今月初め、CRJ事業を巡り交渉していることを認めていた。CRJ事業に部品を供給していたボンバルディアの英ベルファスト工場は電子メールで、影響を最小限とするため事業機会を評価すると発表した。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索