イタリア大統領、総選挙巡る決断をサルビーニ副首相に迫る−報道

(ブルームバーグ): イタリアのマッタレッラ大統領は、ポピュリスト連立政権のパートナー「同盟」の書記長を務めるサルビーニ副首相に、総選挙実施についての意向を48時間以内に明確にするよう求めた。イタリアの報道機関が報じた。

  副首相は数週間前から早期総選挙の可能性を示唆してきたが、連立政権の崩壊を容認するのかどうか態度が煮え切らないことに、市場はしびれを切らしている。

  協議が非公開だとして匿名を条件に話した政府関係者によると、2020年予算の折衝に間に合うよう、10月の新政権発足を大統領は望んでいる。大統領とサルビーニ副首相が週明けに協議する可能性があり、8月は休暇中の国民が多いため大統領は8月の選挙戦を回避したがっているという。

  サルビーニ副首相は連立政権崩壊の受け入れにこれまで以上に近づいていると、同盟の幹部の1人は19日、匿名を条件に明らかにした。サルビーニ氏の助言役の大半は総選挙の実施を支持しているとも語った。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索