逆イールドで「アルマゲドン」織り込み、世界で銀行株に一斉売り

逆イールドで「アルマゲドン」織り込み、世界で銀行株に一斉売り

(ブルームバーグ): 米英で2年債と10年債の利回りが逆転し、それと示し合わせたように株式市場では銀行株が一斉に売りを浴びた。

  MSCI世界銀行株指数(グロース・トータル・リターン、ドルベース)と市場全体の動きを示すMSCI世界株価指数との差は大きく縮小し、過去最小に接近。銀行株指数の将来の見込みを基にした株価純資産倍率(PBR)は、昨年12月の水準に低下した。

  利回り曲線のフラット化や逆転は、銀行業界に災いをもたらす現象とされている。景気下降局面の接近と、消費や投資目的のクレジット需要後退を示す可能性があるためだ。最近の債券相場の急激な動きも、長期融資を短期資金でまかなっている仕組みを脅かす。

  14日の米株式市場では、シティグループが一時5.6%、バンク・オブ・アメリカが5.2%、JPモルガン・チェースが4.5%下げた。

  ケンペン・キャピタル・マネジメントのチーフストラテジスト、ルーロフ・サロモンズ氏は「債券利回りはアルマゲドン(最終戦争)を織り込みつつある」と指摘。「懸念されているのは、低金利は景気と企業を支援するが、銀行の収益性を損なうことだ」と述べた。

  こうした状況を受けて投資家もじっとはしていない。欧州銀行株に連動する米国上場投資信託(ETF)としては最大で、7億8100万ドル(約830億円)規模のiシェアーズMSCIヨーロッパ金融ETFからは、13日に2億ドル近くが引き揚げられ、過去最大の流出額を記録した。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索