サウジアラムコ、超大型IPOの助言役にラザードとモーリス−関係者

サウジアラムコ、超大型IPOの助言役にラザードとモーリス−関係者

(ブルームバーグ): サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、世界最大規模となる新規株式公開(IPO)をあらためて目指し、助言役に投資銀行のラザードとモーリスを選んだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報が社外秘であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところによると、両行はIPOに向け準備作業に着手した。

  アラムコは以前、IPO計画について、エバコア、モーリス、HSBCホールディングス、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレーと準備を進めていた。前回ラザードは入っていなかった。

  上場は早ければ2020年に実現する見通しで、アラムコは助言役の銀行をさらに加える予定だと関係者は述べた。最終決定は下されておらず、IPOの計画に変更や遅延が生じる可能性も依然あると関係者は語った。

  ラザードとモーリスの担当者はコメントの要請に対し、今のところ回答していない。アラムコはコメントに応じなかった。

©2019 Bloomberg L.P.


関連記事

Bloombergの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索